なぜ止められないの?未だにタバコを吸う理由とタバコの正体

昨今では急速に数を減らしつつあるタバコですが、未だに吸い続けている喫煙者がいるのも事実です。一体彼らはなぜタバコを吸い続けるのか、タバコの正体とは一体何なのでしょうか?  

タバコはストレス解消になる・・・という嘘

タバコを吸うのは100%中毒症状によるものです。よく喫煙者が言う「味が好きだから」や「ストレス解消になるから」というのは全て嘘です。タバコを吸う理由はタバコ中毒になっているからという理由一点のみです。

なぜそう言い切れるのか?

冷静になってよく考えてみて下さい。いくら味が好きだからといって毎日同じものを10回も20回も食べたくなるでしょうか。ストレス解消になると言いながら、なぜ喫煙者はイライラしがちなのでしょうか。タバコを吸わない人も同じ環境で平然と過ごしているのです。  

タバコの正体

タバコの正体、それはニコチンという名の麻薬です。ニコチンは人類が知る中でもっとも強力な依存性を持つ薬物です。 喫煙により摂取されたニコチンは急速に体中に行き渡ります。

脳に行き渡ったニコチンは時間とともに濃度が低下し、タバコへの渇望感をもたらします。 この渇望感こそが「タバコを吸いたい」「タバコを吸えなくてイライラする」というストレスを生み出すのです。

つまり、「タバコを吸うとストレス解消になる」というのは、この渇望感を満たしているだけに過ぎません。

タバコが生み出す依存症という名の無限ループ

しかしここでよく考えてみてください。この渇望感は元々タバコを吸ったから生まれたものです。その渇望感をタバコを吸うことで解消しようとしたところで、また次の渇望感をタバコが生み出すだけです。

タバコを吸う限りこのループからは抜け出せません。結局のところ、喫煙者とは麻薬中毒者なのです。  

喫煙者は周りからどう思われているのか

喫煙を始める理由の中でよくあるのが「かっこいいから」ですが、実際のところ喫煙者をかっこいいと思う人などいません。 喫煙とはありていに言ってしまえば、周囲に発がん性ガスをまき散らす行為です。健康被害を被るのもそうですが、臭いも不快で、迷惑極まりないのです。  

喫煙者はタバコを吸うというただそれだけで半数の人からNGを出されます。  

今やタバコを吸う人とは友達にもなりたくない、というの意見が過半数を占めます。

分煙という無意味さ

 

タバコの煙は気体です。つまり完全に空間を分離しない限り分煙したことにはなりません。飲食店などの分煙とは、上記の絵のように、全く意味を成さないことです。    

近年では飲食店で全席禁煙などが進んできており、ようやく正しい分煙が広まってきているようです。

シェアする

フォローする