止まらない人口流出…地方の田舎が寂れ続ける理由

地方から都市部への人口流出が止まらない日本ですが、なぜ人は地方から流出し続けてしまうのでしょうか。なぜ都市部から地方へ行く人は少ないのでしょうか。  

今回は地方が過疎になり続ける理由と、人口流失が止まらない原因を調べました。

まともな仕事がない

生活基盤を築くうえで、仕事の存在は必須です。最低限の文化的で健康的な生活をするためにはある程度の収入が得られる仕事に就かなければなりません。

しかし、田舎では月15万やそれ以下の求人しかないのもザラです。 なかには正社員で月の手取りが10万を下回るなど、まともな生活を営むには無理があるという有様です。  

「地方に行って、高給じゃなくても正社員でマイペースに働けたら…」と思い地方の求人を見ていたら、そもそも正社員の求人が殆ど無く、あったとしても「休みは毎週日曜日のみ!朝7時から夜10時までのみなし残業!福利厚生社会保険無し!基本給14万円!」みたいなのしか無くて震えが止まらない。

優秀な人間はみんな都会に出ていく
残るのは低学歴と都会の大企業に就職できなかった社会不適合者のみ

求人なんて時給700円以下の派遣バイトばっか 正社員はたまにあっても月12万とか。地方終わってんなあ。まともな暮らししてるの公務員と医者だけだよ

田舎は手取りどころか額面十万円台前半が当たり前だろ
社会保険さえ未加入のところも多い

陰湿な人間関係

「田舎は人が優しくて温かみを感じる」などというのは田舎に住んだことのない人にありがちな幻想です。田舎では陰湿な人間も多く、相互監視社会を形成しています。

都会のしがらみから逃れようと田舎に移住しても、また別のしがらみに囚われ都会にUターンというのも珍しくありません。  

若者は地方を捨てるべき 地方創生なんて臭過ぎるw ド田舎の産業に貢献するより、首都圏で便利な生活をした方が得 地方が過疎っても、困るのは残る人だけ。 出ていく側は痛くも痒くもない。 ましてや、都心から地方に出るメリットなんてない

クソみたいな奴しかいない 田舎のやつってなんであんなつまんないの
田舎にいるやつって視野がせまくてしゃべっててイライラする

田舎は噂大好き。暖かい人間関係なんてない。陰湿で陰険な連中ばかり。

田舎では他人様にケチをつけて回るのが毎日の習慣なんだよ。少しでも変わった事をしようものならば、たちまち村中の噂になる。移住者なんて特に要注意人物扱いされるわけで、最初は良くても付き合いを続けていくうちに酷くなるのがポイント。

田舎者は視野が狭く閉鎖的である。人のうわさ話や悪口を好む人が大半であるという認識を持つべきだ。やたらと地方創生・ふるさとなんたら~とか言って田舎のイメージを挙げてカモられる奴を探してるようだけど、こんなもの成功しないんだから今すぐ詐欺キャンペーンをやめるべき

地域の催し物に出席しない奴は問答無用で村八分。
消防の訓練やら謎風習が横行。
もちろん準備の段階からの参加というのが掟だってことを忘れてはならない。

店も娯楽施設も教育施設も無し

田舎は人口流出が止まらないので働き手がおらず、それゆえ店も各種施設を維持することもできません。何もないところで生きていきたいと思うほどお人好しの若者はいません。

「子供の教育のために地方へ」・・・?
よく考えましょう。地方には ・まともな高校が少ない ・まともな塾が少ない ・まともな大学が少ない。

東京と地方、教育面でどっちがいいですか?

田舎に帰ってきたけどカスだな
遊ぶところもないしかわいい女の子もいないし終わってるよ

「産業がない」っていうのが絶望的やね。昔は人口増加でサービス業が伸びていたから良かったけど、人口減と高齢化となれば全てが死んでいく。その速度もどんどん上がっている印象だわ。若い奴は逃げるよそりゃ
 

人口流失はもう止まらない

東京一極集中、田舎の過疎・高齢化問題は日本にとって重大な問題です。しかし当の地方は魅力に欠け、改善する見込みもないため若者の流出を止めることはもはや不可能です。  

「田舎は魅力的!」とか嘘もいいところ。本当に魅力的なら最初から人が集まるんだよなぁ。流出が止まらないということは、つまりそういうことだろ。

「若者を呼び込もう」とか言ってる割には老害が幅を利かせてるだけ。 そのまま寂れとけやw
 
 

田舎暮らしに憧れを持ってる奴ってアホすぎる。田舎の実態を知らないんだろうな。

 
 

シェアする

フォローする