作業効率激変!Windowsのショートカットキー集

皆さんは普段パソコンをするとき、どのように作業を行っているでしょうか。

基本的にパソコンは文字入力の時以外はほとんどマウスで事足りるのですが、キーボードのショートカットを覚えておくとかなり便利です。

ここではショートカットキーの一覧をご紹介します。使いこなせれば今までとは比べ物にならないくらい作業が捗ること請け合いです。  

まずはこれだけ! ショートカットキー10選

パソコンのキーボードには文字入力だけではなく、多数のキーが配置されています。それらを組み合わせることによって様々な機能を発揮します。

Ctrlキーを使ったショートカット

  • Ctrl + A:表示されている文字やファイル・フォルダーをすべて選択
  • Ctrl + C:範囲指定した文字やデータをコピー
  • Ctrl + X:範囲指定した文字やデータを切り取る
  • Ctrl + V:コピーしたり切り取ったデータを貼り付ける
  • Ctrl + D:現在、開いているブラウザのページをお気に入りに追加
  • Ctrl + F:文字検索ウィンドウを開く

特にコピー(Ctrl+C)と貼り付け(Ctrl+V)は頻出です。  

Shiftキーを使ったショートカット

  • Shift + Delete:ゴミ箱に入れずに完全削除
  • Shift + F10:マウスの右クリックと同じ動作の実現
  • Shift + Esc:入力した文字を元に戻す
  • Shift + Ctrl + Esc:タスクマネージャーの起動

シャットダウン、ログオフ、スリープのショートカット

パソコンをシャットダウンするときなど、毎回毎回マウスを動かして数回クリックするのは面倒ですが、ショートカットを使えば数秒でシャットダウンできます。慣れれば1秒以内でできるようになるでしょう。

  • シャットダウン・・・  windowsキー+ X → U → U
  • 再起動・・・・ ・・・ windowsキー+ X → U → R
  • スリープ・・・・・・  windowsキー+ X → U → S
  • サインアウト・・・・  windowsキー+ X → U → I

windowsキーとはキーボード左下にある窓の形をしたキーです(上記写真の赤枠のキー)。  

ファンクションキーの使い方

キーボード上部にあるF1などと書かれているキーのことをファンクションキーと言います。普段使うことはあまりないかと思うかもしれませんが、使いこなせるようになると便利です。  

F1 ヘルプとサポートを開く
F2 選択したアイコンの名前を変更
F3 ファイルやフォルダの検索
F4 ウィンドウのアドレスバーの表示 ゲームソフトを起動中の時は画面サイズの変更
F5 ウィンドウ等の表示の更新
F6 項目の切り替え
F7 全角カタカナ入力
F8 半角カタカナ入力
F9 全角英数字入力
F10 半角英数字入力
F11 ウィンドウの表示切替、ツールバー以外の表示を非表示します。 もう一度押すと元に戻ります。(全画面表示)
F12 Word・Excelで使用するキーで名前をつけて保存

  ここで紹介したものは数多くあるショートカットキーのうちのほんの一部です。また近々他のショートカットも紹介したいと思います。

シェアする

フォローする