歯は大事!歯磨きをさぼった人間の末路と歯のメンテナンス法

歯磨きちゃんとやっていますか? 歯は一生モノであり大事にしなければなりません。とはいえ、歯磨きは面倒くさいとさぼってしまいがちです。

ここでは正しい歯のメンテナンス法と歯を大事にしなかった人の末路を紹介します。  

正しい歯磨きの仕方

歯磨きの目的とは、歯や歯の隙間にたまったプラークと呼ばれる歯の垢を取り除くことです。ここでは歯科医推奨の効率よくプラーク(歯垢)を取る方法を紹介します。  

正しい歯の磨き方
  1. 毛先を歯の面に直角に当てる。(歯と歯茎の間や、背の低い歯を磨くときは45度程度歯ブラシを傾ける)


  2. 力を入れず歯ブラシを持ち、歯に軽く当てる。(目安としては、歯ブラシの毛先が広 がらない程度の力)

  3. 小刻みに動かして磨く(1~2本ずつ磨くとよい)。

歯垢が貯まりやすい場所

口の中はまんべんなく歯垢があるわけではありません。歯垢が貯まりやすい場所と貯まりにくいところがあり、貯まりやすいところを集中的に磨く必要があります。

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の間
  • 歯並びがデコボコしているところ
  • 奥歯付近
  • 生えている途中の歯
  • 奥歯の噛み合わせ部分

キレイに磨いたつもりでも歯垢は残ってしまう

多くの場合、歯磨きをしても歯と歯の間にある歯垢は除去しきれません。歯ブラシによる清掃には限界があるのです。歯垢を特殊な液剤によって可視化した下の画像をご覧ください。よく磨いたつもりでも歯ブラシだけでは、歯垢は残ってしまうものなのです。

デンタルフロスを使うときれいに磨ける

そこで必要となるのはデンタルフロス(通称:フロス)です。デンタルフロスとは歯ブラシだけでは取り切れない歯と歯の間の歯垢を取るための道具です。デンタルフロスを使用することで歯垢除去率が約30%向上します。

フロスには大きく分けてホルダータイプとロールタイプがあります。ロールタイプのほうが安いのですが、使いやすさは断然ホルダータイプです。特にこだわりがなければホルダータイプのY字型がよいでしょう。

デンタルフロスの正しい使い方

フロスの使い方は簡単です。以下にY字型のフロスの使い方を説明します。

  1. フロスを歯と歯の間にあてる


  2. 横に動かしながら歯と歯の間にフロスを入れていく。


  3. フロスを上下に動かし、歯垢を取る


  4. 横に動かしながら取り出す

フロスを使うと血が出てしまうという方がいらっしゃいますが、これは最初のうちだけで、数日後には出血しなくなるので心配ありません。それは、普段歯と歯の間の歯垢を除去していなかったために炎症が起きており、歯茎が腫れて悪い血が貯まっている状態なのです。

フロスによって歯垢を除去するときに、歯垢と一緒に貯まった血も掻き出されていくので、最初のうちは血が出てしまうことがあるのです。しかし数日続けていれば歯茎も引き締まり、血が出なくなります。

歯の手入れを怠った者たちの末路

歯磨きというのは面倒くさいものです。歯磨きだけでなくフロスもする必要があるとなればなおさらでしょう。

しかし歯の手入れを怠ると悲惨なことになります。ここでは歯磨きをさぼらないための警告として、歯の手入れを怠った人たちの声や歯磨きを推奨する声を載せておきます。

歯磨きしてない奴の口の臭さは異常。口の中にウ〇コでも詰まってんのかってくらい臭い。実際汚すぎるし。特に寝起きの口の中は便器より汚いって研究結果もある。

フロスやってない日本人多すぎ問題。
海外じゃ当たり前なのに。どんだけ日本人の歯への意識が低いかだよね・・・

初めてフロスして臭い嗅いだら臭すぎワロタw
俺は今までこんなくっさいもん歯に詰めてたのかとびっくりしたね

お前ら歯磨きだけは絶対にサボるんじゃねぇぞ。
俺は歯磨きサボり過ぎて20代なのに虫歯だらけで入れ歯になった。

虫歯は万病の元。 
虫歯が原因であらゆる病気にかかりやすくなる 
菌が心臓にまわって死んだケースもあるらしい

歯医者には1年に一回くらいは行っとけ。普段きれいにできないところもプロがきれいにしてくれるし保険が利くんだから。

フロスやらない奴多すぎ。歯磨きだけじゃ全然磨ききれてないということが分かってない奴が多すぎる。

磨かなくても平気だと思ってたら全滅 。痛くなった頃には手遅れ。悪いことは言わないから歯の手入れだけはちゃんとやれよ。歯は一生モノなんだからな

歯磨きとかしてない奴ってマジで育ちも悪いよな。口も臭すぎる。喋るたびに「コイツ口クサッ」って思うわ。対面じゃ息もできねぇよ

シェアする

フォローする