デスマーチ!死神の足音が聞こえるIT現場の実態と恐怖

IT業界について多少なりとも調べると必ず行きつくのが「デスマーチ」です。

IT現場におけるこのデスマーチとは一体何なのか。
その問題点と現場からの声を調査しました。

デスマーチとは?

デスマーチとは、「納期までにシステムやプログラムが完成しそうにないため、何とか納期に間に合わせようとして、長時間労働や休日出勤などの過剰な労働が連日続くこと」を言います。

デスマーチによる連日の長時間残業、徹夜、休日出勤等の負担により次々と過労で倒れる人やうつ病を発症しリタイアする社員が続出します。

その結果、残った社員にさらなる負担がののしかかり、次なる犠牲者が生まれ続ける悪循環が生まれるのです。

デスマーチを生み出す原因

IT現場においてデスマーチが頻発してしまうのはなぜでしょうか。それはIT業界という業界そのものに原因があると考えられています。原因は挙げだせばキリがないのですが、主要な原因をいくつか紹介します。

人手が足りてない

そもそも開発しようとしているシステム・プログラムの規模と比較して、単純に人数が足りていないというのがよくある原因の一つです。

プログラム開発において人件費というのは開発費用に重くのしかかっています。そのため、経営側はできるだけ少ない人数で開発させようとします。しかし、あまりにも人件費を削ろうとするあまり、必要な人数が足りていないという状況が頻発しています。

その結果、足りない人数で無理に開発を間に合わせようとすることになり、必然的に長時間労働せざるを得ない状況になります

仕様書が頻繁に変更される

デスマーチ発生原因の中でもっとも凶悪なのが「クライアントからの仕様書が頻繁に変わる」というものです。

仕様書というのは建築における設計書のようなものです。つまり仕様書がころころ変わるということは、家を建てていた途中で突然設計書が切り替わり、建てていた家を全て作り壊してまた一から土台を作るところから始めなければならない状況と同じです。

このような状況ではどんなに頑張っていてもデスマーチは避けられません。設計書があやふやならどんな建物も建てられないのと同様、仕様書がころころ変わってしまうようなプログラムはどんなに頑張っても完成させることなどできないからです。

クライアントと開発側の意思疎通ができていない

デスマーチが生まれてしまうのは、クライアント側と開発側の認識がズレているからです。

そもそもクライアント自身が、自分の求めているプログラムの全容を理解していません。そのため、仕様書がいつまでも固まらなかったり、ころころ変更されたりします。開発側に自分の要求を正確に伝えられないのでいつまで経ってもプログラム完成の目途が立ちません。

また開発者に仕様が正確に伝達されていないというのも大きな問題です。
プログラムというのは一般的に、発注されてから

クライアント→プロジェクトマネージャー→システムエンジニア・プログラマ

という順で情報が伝達されます。しかしこのときの意思疎通がうまくいっておらず、まるで伝言ゲームをするかのように誤解が生じてしまうのです。

その結果、やっと開発が終わったと思ったらまるで別物が出来上がってしまっていて、全部作り直しという悲惨な結果になってしまうのです。

納期までの時間的余裕がなさすぎる

そもそも納期までの時間がなさ過ぎてどう頑張っても間に合わないという状況もよくあります。間に合わないものを間に合わせようとするのですから、当然長時間労働が発生してしまいます。

その上、時間がないから急いでやる必要があるので心身ともに負担がかかります。急ぎながらやらなければならないので、どうしてもミスが増えてしまうという事情もあります。

最終的に、長時間労働で疲弊しきった状態での作業が続きミスも増え、さらに長時間の労働をしなければならなくなるという悪循環に陥ります。

そして納期までの時間が差し迫ってくるといよいよ本物の地獄を見ることになります

期日までの時間が足りないということは今まで使っていた時間を削る必要があります。人間は誰でも1日24時間しかありません。ではどういう時間を削るのかというと、以下の3つのような項目です。

①睡眠時間

納期まで時間がないから家に帰らず会社で日を越すことは珍しくありません。それでも間に合わない場合は会社でも短い睡眠時間で仕事をする必要があります。本格的にやつれきったデスマーチの人達は寝る時間でさえ削って仕事をしています。

②食事の時間

睡眠時間を削るぐらい忙しいのなら当然食事の時間も限られます。ランチどころかおにぎり一個も食べる暇がない人もいるそうです。コーヒーを口に流し込んで終わりなんて人も珍しくありません。

本来であれば、食事の時間を作ってエネルギーを蓄えた方が集中力が上がって早く仕事ができるのですが、もはやそのような時間を取る余裕さえなくなってしまうのです。

③休憩の時間

忙しいときは休憩という概念はなくなります。食事や睡眠時間を削るぐらいですから休憩なんてもってのほかという雰囲気があるからでしょう。休みなしで働き続けることにより集中力や能率は下がり続けます。

デスマーチにありがちなこと

以下に書かれていることは、まともな職場環境にいる皆さんにとっては想像できないかもしれませんが、デスマーチ現場ではよくあることです。

デスマーチ現場にありがちなこと

  • 社員が一人また一人と辞めていく
  • メンバー全員が死んだ魚の目をしている
  • 息をするかのように当たり前な長時間労働
  • 徹夜も当たり前。職場に泊まるのは基本。
  • うつ病になってリタイアする人が身近にいる。自分もそうなりそう。
  • 会社を辞めたいという気持ちさえ消え、ただただ死にたくなるばかり
  • 思考力、集中力がとうに尽きてしまっている
  • 生まれてきた意味をふと考え、死にたくなる
  • IT業界に就職してしまった自分を呪う
  • 長時間労働しても、サービス残業なので給料が安い
  • 過労死ラインを平気で飛び越す

デスマーチ経験者たちの声

ネット上にはデスマーチ経験者たちの悲痛な声や遺言が書かれています。これを読んでデスマーチ現場に対する危機感を強め、修羅場を避けましょう。

純然たる拷問

うつ病で休職している人や自殺する人が身近にいる。それが当たり前になる恐怖。

隣にいた人がある日突然消える。しかもそれを誰も気にかけない。人が消えるのなんてもはや日常茶飯事すぎて驚くに値しない。

ストレスで禿げてしまった。まだ30代なのに。

寿命がゴリゴリ削れているのが自分でも分かる。もう長生きはできないだろうな。

最低限度の文化的な生活がしたいならIT業界には入るな。過度なストレスのせいでアルコールに逃げ続けるあまりアルコール依存症なった挙句、うつ病になって退職した俺のようになりたくなければな。

なるべく早くメンタルクリニック行って適当なこと言って鬱って診断してもらうのが正解だよ。真面目に取り組み続けた奴から順に死んでいくからね。

IT業界ほどブラックなものもないだろうな。アホくさ。俺はもうやめたからどうでもいいけどな。若い奴は悪いことは言わないからIT業界は止めとけ。死ぬぞ?

シェアする

フォローする