知っていると超便利なショートカット集

皆さんはキーボードのショートカットをどれだけ知っているでしょうか。マウスを使って操作しても構いませんが、ショートカットを知っているとよりスマートに操作することができます。

今回はそんなパソコンのショートカット集を紹介します。

絶対覚えたい必須のショートカット

絶対に覚えておきたいショートカットです。頻出ですので、知らなかった人はこれを機に覚えてみてはいかがでしょうか。PCでの作業がはかどること請け合いです。

マウスを使うと2~3回ほどクリックを要する作業もショートカットを覚えておけば一発で完了させることができます。覚えるのは面倒ですが、一度覚えてしまえばそれ以降面倒な作業を簡単にすることができます。

開いているウィンドウ間の切り替え:Alt + Tab

たくさんのウィンドウを表示しているとどれがどれだか分からなくなります。表示したいと思っているウィンドウが埋もれてしまっている場合もあるでしょう。その場合は、

Alt + Tabによってウィンドウを一覧表示して、目的のウィンドウを選ぶことができます。Altを押した状態でTabを押すと選択が切り替わるので、目当てのウィンドウを選択出来たらAltを離せば目的のウィンドウを表示することができます。

AltキーとShiftキーを同時に長押しすると、Tabキーを押したときに進む方向が反対へ変わります。

タスクビューの表示:Windows ロゴキー  + Alt

「タスク ビュー」の基本的な使い方を応用すれば、同じ仕事用でもプロジェクトごと、あるいはワークフローごとにデスクトップを作り必要なデータのみを移動することも可能です。毎回ソフトウェアを開いたり閉じたりする必要がなくなるので、時間の節約にも繋がります。

タスクビューの使い方は非常に簡単です。下記ショートカットでタスクビューを起動して目当てのウィンドウを選択すればよいのです。

タスク ビューの起動、終了

[Windows ロゴキー ] + [Tab]

ウィンドウの切り替え

[←]or[→] + [Enter]

仮想デスクトップを使いこなして並行作業

仮想デスクトップとは、Windows 10から搭載された機能の1つです。物理的にディスプレーを複数用意していなくても、仮想的に画面を複数作り、いつでも切り替えて表示できます。

この機能を使うことで、仮想デスクトップごとにアプリを起動し、仮想デスクトップを切り替えることで作業環境も瞬時に切り替えられます。

仮想デスクトップのショートカット キーを使えば、毎回タスク ビューを開くことなくキーボードの操作だけで仮想デスクトップを開いたり、切り替えたりすることが可能です。

新しいデスクトップを作成

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [D]

デスクトップを切り替える

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [←]/[→]

使わない仮想デスクトップを閉じる

[Windows ロゴキー ] + [Ctrl] + [F4]

大量のウィンドウに埋もれたデスクトップを表示:Windows ロゴキー + D

たくさんのウィンドウを開いてしまってデスクトップが見えなくなってしまったときに利用するショートカットです。これを覚えればいちいちデスクトップを見るためにウィンドウを閉じていく必要がなくなります。

エクスプローラーを起動:[Windows ロゴキー ] + 「E」

ファイル操作に欠かせないエクスプローラー(ファイル管理のためのアプリケーション)は、タスクバー(画面下部にある帯状のメニュー)やデスクトップ、スタートメニューなどからマウス操作で起動することが多いはずです。

しかし[Windows]+[E]を押せば、マウス操作すら不要で即起動できます。

押すたびに1つのエクスプローラーが起動するので、ファイルをコピーや移動したいときは2つ起動すれば、ドラッグ&ドロップが簡単にできます。ちなみに、ウィンドウを閉じるのは[Ctrl]+[W]です。

削除の確認メッセージを表示させずに削除する:Shift + Delete

いちいち「このフォルダーを完全に削除しますか?」と聞かれてイライラしている人はいませんか?このショートカットを利用すれば、すぐに削除したい場合にしつこく確認を求められることがなくなります。

デフォルトでこのメッセージを表示しないように設定するには、デスクトップの[ごみ箱]を右クリックし、[プロパティ]を選択、[削除の確認メッセージを表示する]の横にあるチェックマークをはずします。

コンピューターのロック:Windowsキー + L

トイレに行きたい時など、パソコンをシャットダウンやスリープさせるほどではないが、一時的に席を離れたい時はありませんか?

そのような時、デスクトップを開けたまま、その場を離れることはやめましょう。セキュリティ上の問題で、パソコンを誰でも自由に使用できる状態を晒すのは危険です。

トイレに行ったり、コーヒーのおかわりに席を立ったりするときには、「Windowsキー」 +「L」のキーボードショートカットを押してコンピューターをロックしてください。

席に戻って再ログインすると、すべてのプログラムとウィンドウは、ロックされる前の状態で表示されます。

シェアする

フォローする