結婚離れの原因か?結婚式とかいう大茶番劇

誰もが一度は憧れていた結婚ですが、近年では急速に結婚離れが進んでいるようです。その原因は諸説ありますが、「結婚式という儀式そのものが嫌すぎて結婚したくない」という人も多いようです。

または、「結婚するのは良いけど、結婚式は嫌」という人もいるようです。そこで今回は、ここまで結婚式がここまで嫌われるようになった理由について調査してみました。

度が過ぎるぼったくり費用

結婚式はあまりにもお金がかかり過ぎます。コツコツ貯金してきたお金もたった一晩で吹き飛びます。その平均費用は数百万単位というから驚きです。

結婚式がこんなにもお金がかかるのはバブル時代の名残なのでしょうが、今の時代には全くそぐいません。

冷静に考えれば、たった一晩の出来事に自分や家族含め多くの人のお金を自分たちが満足するために使うというのは狂気の沙汰です。

わざわざ休日を潰してまで行きたくない

社会人になると休日というのがとても貴重になります。お金よりも時間の方が大事という方も多いでしょう。それにも関わらず、わざわざ休日を潰してまで他人の結婚式に出席しなければならないというのは、気が進むものではありません。

残念ながら、私たち人間は他人の幸せを見ても何も面白くありません。むしろ他人の不幸は蜜の味なのです。わざわざ自分の休日を潰してまで他人の幸せを見に行くのは内心面白くありません。

ご祝儀という名の罰金

ご祝儀という悪徳商法も許しがたい悪習です。

結婚式に出席するときはお祝いの気持ちという名の現金をご祝儀として主催者である夫婦に渡す必要があります。

ご祝儀は3万円が相場と言われています。これは3という数字が2で割り切れないので、「夫婦2人が分かれないように」と縁起を担いでいるそうです。

「2で割り切れないのが良いのなら1万円でもよくない?」と思いますが、1万円だと結婚式が赤字になるからダメとのこと。

とはいえこんな価値観はバブル時代の遺物です。3万円という数字は日本の景気が最高に良かったころにウエディング業界が定着させた金額。今の時代には全くそぐいません。

「祝ってくれるよね?」という言外の圧力をかけ、実質的に強制で3万円を徴収するこのご祝儀という制度は一部の人から「明るいカツアゲ」「罰金」として恐れられています。

うすら寒いお涙頂戴感

結婚式では夫婦の生い立ちや出会い、結婚に至るまでのいきさつが上映されます。大した人生を歩んできたわけでもない癖にやたらと美化されているのが特徴です

本当はナンパがきっかけで、できちゃった結婚をしただけなのに、事実が改変され、やたらと熱いラブストーリーに編集されていたりもします。その夫婦の本当のことを知っている人達からすればドン引き間違いなしです。

大して興味もない人たちの人生など私たちにとってはどうでもいいことです。なのになぜか号泣している人達がいて「えっ、私も泣かなきゃいけないの?」という雰囲気に飲まれそうになるとうんざりすること請け合いです。

料理がしょぼい、引き出物が安っぽい

料理が少なかったり引き出物が安っぽいのも結婚式の萎えるところです。

結婚式の費用を少しでも抑えようというのがこれの狙いです。

参加者はわざわざ休日を潰して、さらには虎の子の現金3万円を渡しているのに、明らかに費用を抑えてご祝儀による黒字を狙っているのが分かってしまいます。これではせっかくのお祝い気分もすっかり冷めてしまいます。

シェアする

フォローする