自分は何者なのか・・・自分の性格や価値観に気づくためのヒント集

「価値観は人それぞれ」とは言いますが、自分がどんな価値観で生きているのかをはっきりと自覚できている人というのは実はかなり少ないものです。

自分はどんな人間なのか、どんな価値観を持っていて、何を重要視しているのか。今回はその価値観を正確に知るためのヒントを調べました。

今までに一番腹が立った瞬間は何か

人は自分が大事にしているものを汚されたと感じたときに怒りを感じます

人によってそれ(大事にしているもの)が、お金であったり、恋人であったり、家族であったり、プライドであったり、学歴であったり、自分の時間であったりするわけです。

今までに自分が何に怒りを感じてきたか、どんな時に激しい怒りを感じたか。その時のことを思い返し、何を汚されたから怒ったのを考えてみれば、自ずと自分の価値観を知ることができます。

一億円あったら何をする?

お金の使い方はその人の価値観や性格、人格をも映し出す」と言われています。

もし一億円(上記の写真)を渡されて、「好きに使ってください」と言われたとき、自分ならどうするかを考えてみると、自分という人間を知る良いヒントになるでしょう。

マンションを買いたいという人もいれば、ブランド品を好きなだけ買い漁ってしまいたいという人もいて、株を買って配当金生活を狙う人もいて、貯金して将来に備える人もいれば、寄付する人も、美味しいものを好きなだけ食べたい人もいるでしょう。

何にお金を使いたいか」があなたという人間そのものを表わすのです。

何をしているとき、どんなときに一番心が安らぐか

あなたが今までに一番心安らいだ瞬間はどんな時でしょうか

大自然に触れている瞬間でしょうか、それとも恋人と一緒にいる時でしょうか。人によっては家族団欒の時間かもしれませんし、大学に合格した瞬間かもしれませんし、美味しいものを口いっぱいに頬張っている時かもしれません。

仕事終わりの一杯の時間か、大嫌いな人が落ちぶれた瞬間か、読書をしている時間か、布団にくるまっている時か、自分の部屋で静かに過ごしている時間でしょうか。それとも、誰かから感謝された瞬間でしょうか。もちろん人によってそれは違うでしょう。

自分が何をしているときに一番素でリラックスできるか、どんなときに一番心が安らいだか。それこそがあなたが一番大切にしたい時間であり、自分の大事な価値観に他ならないのです。

今までの人生のなかで、何をしている時間が一番長いか

今までの人生の中で、あなたが一番長く時間を割いてきたのは何でしょうか。

人というのは、自覚しているしていないに関わらず、自分が大事だと思っていることにたくさんの時間を割こうとするものです。

読書の時間が長い人もいれば、人と話している時間が長い人もいますし、スポーツの練習やトレーニングしている人もいるでしょう。自分が一番多くの時間を尽くしてきたものこそが、自分にとって一番大切なものなのです。

他にも、「何に対して一番多くの言葉を尽くしてきたか」というのも、自分を価値観を知るためのヒントとなりそうです。

シェアする

フォローする