なんでそんなに太ったの?デブたちの生活習慣を調べたら納得だった

太っている人は多いですが、なぜそんなに太っているのでしょうか。彼らの生活習慣や価値観を調べていくと「そりゃ太っても当然だわ」という事実が明らかになりました。

今回は太っている人の特徴や性格について調査しました。

好きなもの=太りやすいもの

太っている人の大好物は大抵の場合、太りやすいものです。

例えば、菓子パンやラーメンやうどんなどの炭水化物系、コーラやジュースなどの砂糖てんこ盛りの飲料系、チョコレートやケーキなどの糖分系など、太りやすいものを好んで飲み食いします。

当然のことながら、食事に占める「太りやすいもの」の割合が多くなるので、体もそれに呼応するかの如くぶくぶくと太っていきます。

甘いはうまい

高カロリーのものが美味しいんじゃない。

俺が美味しいと感じるものの多くが、たまたま高カロリーだっただけなんだ

デブは白いものが好きだよ、
白米、じゃがいも、バター、
マヨネーズ、砂糖

(注:こういった食べ物をエンプティカロリー(カロリーしかない食べ物)と言います)

カロリーは美味しさの度合いを表す

食べる動機が「満腹じゃないから」

普通の人は「お腹が減ったから食事にしよう」と考えますが、デブは「満腹じゃなくなったから食べよう」と考えてしまいます。

つまり、胃の中が常に何かで満たされていないと気が済まない性分なのです。だから常に何かを食べていなければいけないような強迫観念にとらわれてしまっています。

出先での買い食いはもちろん、チョコや飴などのお菓子を携帯していつでも食べれるようにしています。のどが渇けばすぐに自動販売機へ吸い寄せられて甘いジュースやカフェオレを飲み、小腹が空けばコンビニへ行ってホットスナック等を購入してすぐに食べます。

一事が万事このような食生活ですから、太るのは当たり前です。

デブは、常に何かしら食べている。
出先での買い食いはもちろん、飴やチョコを携帯して食べたり、
自動販売機で甘いジュースや甘いカフェオレなんかを飲む。

飲むものも、
コーラみたいな砂糖たっぷりの炭酸飲料、糖分が強めのスポーツ飲料、砂糖たっぷりのミルクティーとか紅茶。

何かしら理由をつけて食べていたな。
正月だから、Xmasだから、旅行だから!ストレスだから!みたいな。

自分に甘く、意識が低すぎる

言い方は悪いですが、デブは自己管理能力に乏しく、自分に甘く、意識が低すぎると言わざるを得ません。

ダイエットも何かと理由をつけてはやろうとしませんし、食べるものを変えたり食べる量を制限しようともしません。

運動なんてもっての外であり、自分の体内にあるカロリーを消費させようという気が全くないので、痩せるなんて夢のまた夢です。

季節別「デブの言い訳」

【1月】お節の残りを片付けないといけないから2月からダイエットする
【2月】店頭のチョコレート新作制覇しないといけないから3月からダイエットする
【3月】歓送迎会をハシゴしないといけないから4月からダイエットする
【4月】毎日花見に誘われるから5月からダイエットする
【5月】気候も良くなって食べ物が美味しいから6月からダイエットする
【6月】梅雨は食べ物が傷みやすいから食べきるために7月からダイエットする
【7月】これから暑くなるので体力つけるためにしっかり食べるから8月からダイエットする
【8月】暑くて動けないから9月からダイエットする
【9月】夏バテで弱った体力を取り戻すために食べないといけないから10月からダイエットする
【10月】秋の実りが美味しい時季だから11月からダイエットする
【11月】忘年会の下調べで食べ歩くから12月からダイエットする
【12月】今年は頑張れなかったから来年からダイエットする

「今日だけは食べちゃおう♪」
本当に・・・今日だけかい?
頑張ってる自分へのご褒美って言葉が大好き
本当に・・・がんばってるかい?

運動したり食事内容を改善したりすれば確実に痩せるのに「運動せず、腹一杯まで食べつつ、痩せられる方法」をずっと探し求めている。

「何を食べて痩せたか」を聞きたいんだと思うよ
食べないで痩せたって言うと怒るからあいつらw
どうやって痩せた???ってデブは興味津々で唐揚げ食べながら聞いてくる。
運動したって言うと興味をなくす。
楽して痩せられればいいやって思っている奴ばかり。ダイエットナメんなっていいたい。まあ、そんな俺も1年前まではそうだったけどさ、だからデブなんだよなって思うよ。

「ダイエットコーラ飲んでるからその分食べられる」

「食事抜こう→痩せた(笑)→お腹減ったし痩せたから食べよう」

「明日からダイエットするから今日はたくさん食べよう!」

意識の高いデブたちの名言集

何かと馬鹿にされるデブたちですが、彼らには一種独特の価値観や誇りがあるようです。

以下、読むだけでお腹いっぱいになるような、何故かかっこよく聞こえるデブたちの名言(迷言)を集めました。

カレーは飲み物

回転寿司を楽しみたいなら決して俺の下流には座るな

そして俺を怒らせたくなかったら、上流には座るな。

また壊れたか・・・・意気地のねえベルトだ

いいぜ、先に食いな、すぐ追いつくからよ

ユニクロで着れるサイズが無くなってからが…ほんとの戦いのはじまりだぜ・・? 

頼みすぎた?安心しろ俺がいる

食べ放題?でも店に置いてある分しか食えないんだろ?

動かざること山の如し

軽いんだよ、そんな軽い拳じゃあな。俺の、俺たちの重さには勝てねえよ!!

これはコスプレじゃない。生身だ

寒いか?俺が暖めてやるから。

人生は食うか食われるか…俺が食われてきた様に見えるか?

迷ったら、マヨっとけ」…この言葉を守ってきたからこそ、今の俺がある。

加湿器はいらない、俺で十分だ。

プリッツは野菜 牛も草食って育ったから野菜 

「好きなものを好きなだけ食う」

これ以上の幸福がどこにあるというのか

シェアする

フォローする

コメント

  1. 楽々播磨 より:

    確かに当たり前のことを書いているだけだし、あまり説得力がない気がするな。
    なんか適当さが見え隠れしてるし、自覚してない若造には人を助けるどころか不愉快にするということを分かっていないのが最近の世の中が廃れる原因にもなるんだよな。

  2. 匿名 より:

    だまれデブ