支払いは楽だと思いきや気づけば借金地獄!リボ払いの恐怖を解説

クレジットカードにはもれなくついている「リボ払い」。

ポイントがもらえたり、支払額が安くなるなどメリットを声高にアピールしていますが、実は大変危険なものだというのをはっきりと認識している人は少ないようです。

今回はリボ払いの仕組みと恐怖について解説します。

リボ払いの仕組み

リボ払いとは「リボルビング払い」の略です。毎月あらかじめ指定した一定額を返済していく方式で、ほとんど全てのクレジットカードで利用できる返済方式です。

例えば、30万円分の買い物をしたとき、通常であれば引き落とし日に30万円が指定した口座から引き落とされます。しかし、支払い方式をリボ払いにしておくと、指定した一定額が(例えば5000円)口座から引き落とされるだけで済みます。

その代わり、手数料が発生します。つまり、30万円とその手数料を払い終わるまで返済しなければなりません。

一度設定しておくと全ての利用分がリボ払いになる「リボ宣言」や買い物をした後からリボ払いに変更できる「後からリボ」という制度もあります。

リボ払いの恐怖

リボ払いの恐怖、それは高すぎる手数料です。リボ払い時の手数料は年間15%~18%ですが、これは法定利率ギリギリです。闇金融もビックリです。

「なんだ、たった18%か」
「ちょっとお金が上増しでかかる程度だろ」

と思うのは甘い考えです。借金の例にもれず、複利の威力は凄まじいからです。

では、リボ払いを利用すると実際にどれくらいの手数料を支払うことになるのでしょうか。JCBがホームページで公開している「ショッピングリボ払いのシミュレーション」を利用し、以下の条件で試算してみました。

ご利用予定年月日 2018年1月1日
ご利用予定金額 300,000円
手数料率(実質年率) 18.0%
お支払いコース 定額コース
月づきのお支払い金額(元金) 5,000円
 
 
その結果がこれです↓
お支払い日 お支払い元金
(円)<1>
手数料
(円)<2>
お支払い合計
金額(円)(<1+2>)
お支払い後
残高(円)
2018年2月10日 5,000 3,846 8,846 295,000
2018年3月10日 5,000 4,073 9,073 290,000
2018年4月10日 5,000 4,433 9,433 285,000
…. …….
2022年11月10日 5,000 229 5,229 10,000
2022年12月10日 5,000 147 5,147 5,000
2023年1月10日 5,000 76 5,076 0
お支払い元金(合計) 300,000円
お支払い手数料(合計) 136,371円
お支払い合計金額 436,371円(内手数料 136,371円)

なんと30万円の買い物に13万円越えの手数料が付くのです。月々5000円ちょっとしか払わなくていいとはいえ、これはあまりにも厳しいと言えます。

今回は30万円で計算しましたが、100万円で計算すると以下のようになります。

お支払い元金(合計) 1,000,000円
お支払い手数料(合計) 1,253,803円
お支払い合計金額 2,253,803円(内手数料 1,253,803円)

手数料が増えるスピードは予想以上に早いので、注意が必要です。

リボ払いに関する注意点

リボ払いに関しては以下の点に注意しておく必要があります。

リボ払いの危険性

リボ払いの危険なところ

  • 借入額が増えても毎月の返済額が変わらないので、借金をしているという意識が薄れる。その結果、無駄遣いが増えたり、知らず知らずのうちに総返済額が増えていく。
  • 借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が爆発的に増えていく
  • 最初から自動的にリボ払いに設定されているカードもある。よって、知らないうちにリボ払いに手を出していることがある

リボ払いとは借金の一種です。利息は雪だるま方式で増えていくので、返済期間が長くなればなるほど爆発的に増えていくのが特徴です。このことをはっきり自覚しておかないと気づいたら借金まみれの多重債務者へと直行です。

実際、返済額に対して借入額が多くなると、利息ばかり払い続けて元本がほとんど減らないという状況に陥ります。消費者金融で多重債務に陥るのは大半がこのケースです。

さらに、クレジットカードの種類によっては、「最初から自動的にリボ払いになるように設定してある」という利用者をハメるためとしか思えないような悪質なカードもあるので、注意が必要です。

リボ払いはクレジットカード会社のエサ

クレジットカード会社は、このリボ払いの利息を大きな収益源としている関係上、多額の利息収入を見込めるリボルビング払いに顧客を誘導する傾向が少なからず見られます。なんとか利息収入をかすめ取るために、あの手この手でリボ払いに誘導してきます。

クレジットカード会社がリボ払いにハメるための罠一覧

  • リボ払いで買い物をすると特典(ポイントなど)が付く
  • リボ払いにすると年会費が無料になる
  • カードを作ると、最初からリボ払いに設定してある
  • 他の返済方法からリボルビング払いにいつでも簡単に変更できるが、その逆はできないようになっている。
  • リボ払いにしないかと執拗に勧誘をかけてくる
  • ネットショップのキャンペーンのページにリボルビング払い専用カードへ変更するボタンを多数・多種類設置する
  • かわいらしいキャラクターでリボ払いのイメージをアップさせる
  • 特定の加盟店による商品値下げ・ポイント倍増・タイムセール・限定品などの特典に応じただけでリボルビング払い専用カードへ変更したものとみなす。
  • 自動リボに申し込むとポイントプレゼントの各種優待が受けられる。

リボ払いが利用者にとって有利になることは何一つない

よくネット上では、

「どれだけ使っても5000円しか払わなくてええんやろ?」
「めっちゃ使いまくって返済終わる前に寿命を迎えられれば、残金分まるまる得するやんw」

などと言ってリボ払いに手を出す人もいるようですが、考えが甘すぎると言わざるを得ません。リボ払いに関しては、利用者にとって有利になることなど何一つないと考えたほうが良いです。

なぜなら、クレジットカードには限度額というものがあるからです。クレジットカード会社は利用者の収入を把握していますので、返済不可能と思われるような金額の買い物はできないようになっていますし、借入額が限度を超すと利用停止となるからです。

利息が膨らみまくって、利用者が一生かかっても返済できない金額まで膨らむと、利用停止となり、後は死ぬまで利息返済のために追われることになります。

しかし、利用停止なったからといって返済額が消えたわけではありません。しかも、返済が滞ると延滞金として年率20%程度の延滞金が加算されていきます。

つまり、リボ払い等によって借入額が限度を超してくると利用停止になり、「1円も使えないのにお金を吸い取り続ける悪魔のカード」へと変貌を遂げるのです。

リボ払いの危険性を伝える有名コピペ

定期的にリボ払いスレ立つね。
楽天カードの審査も通らない雑魚野郎にリボ払いの怖さを説明いたします。
金利18%、毎月10000円のリボ払いで50万円の商品を買った場合。
支払いは毎月定額の10000円だが、この10000円は、利息と元金の合計。
毎月の一万円と内訳(利息/元金) 借金残り
1回目 10000(7500/2500) 残り497500
2回目 10000(7462/2538) 残り494962
3回目 10000(7424/2576) 残り492386
4回目 10000(7385/2614) 残り489771
5回目 10000(7346/2653) 残り487117
6回目 10000(7306/2693) 残り484423
7回目 10000(7266/2733) 残り481690
8回目 10000(7225/2775) 残り478915
9回目 10000(7183/2816) 残り476098
10回目 10000(7141/2858) 残り473239
11回目 10000(7098/2901) 残り470337
12回目 10000(7055/2944) 残り467392
だいたいこんな感じ。
一年間で12万支払って、結構返した気に
なるだろうが、まったく違う。
支払った12万のほとんどが利息。
返済された元金はわずか3万ちょっとで
残りの借金は約47万。
来年も再来年も、がんばって
利息を払ってね(^^)/~~~

年利の計算とかめんどくさいから簡略化するとして 
例えば月々に払う利息が1%で10万の買い物して月1万支払いとするやろ? 

最初に払うのは10900円や 
次の月に払うのは10800円や 
どんどん利息の支払いは減っていく 
10万全部返す頃には大体4000円ちょいの利息を支払っとるな 

「な~んや、10万で4000円くらいならええわ」とか思うやろ? 
でも「10万で済むなら」の話や 
10万程度でリボ使う奴なんか所詮貧乏人や 
10ヶ月もある中で確実に「どうせ月1万と利息分程度やし」という意識追加で何か買いよる 

でも利息は「借りてる枠全体」にかかるからな 
元金増えるから支払い期間も増えて、当然元金にかかる利息も増えた上に利息の支払い期間も増えてるんや 

こうなると利息は4000円程度じゃすまん 
リボを支払い続けてる期間にもよるけど、下手すりゃ利息込みで2倍3倍の金支払ってたって事になる 
これは「借金をガンガン増やしてる」のが原因やから完全に合法で過払い金請求なんかもできない 

リボが恐いってのはそういう部分や 
一度使ってしまえば「もう一度、更にもう一度」のハードルはクッソ低くなって地面と接地してしまうんや

リボ払いを戒めるコメント

リボ払い経験者と思われるネット上の書き込みや、リボ払いの危険性を指摘する賢者たちのコメントを集めました。

これを読んで、リボ払いの危険性を今一度認識しましょう。

(返済額が)一向に減らなくてワロタ 
これこのままのペースだといつ返済終わるんや 
月7000くらい返してるんだけど半分は利息とか笑えねえぞ 

使いまくった後に返済バックレようとか思ってる奴多すぎだろ。
そんなことクレカ会社が許すと本気で思ってんのか?おめでたい奴らだなw返済しきれそうもない額なんか使わせないし、返済終わるまで地獄の底まで追いかけるぞ

リボ払いはアカン。
いくら借り入れたか判らなくして金融屋がウハウハする為のシステムや。
リボ払い使ったらビンボー人はもっとビンボーになるで。

リボ考えたやつは悪魔だし、カード会社が特典つけてリボ払いにさせようと必死すぎや

金貸し屋も賢くなってきて 、
沢山貸すより少額を永久にとり続けたほうがおいしいことに気づいてしまった

俺の元は50万のリボに総額250万払ったな 
弁護士に頼んで過払い請求したけど13万しか戻ってこなかったわ

一括で買えないならせめて数回の分割やろ 
それでも買えないなら買わないのが人間やで

リボ払いはガイジのやること

金がないから定額しか返せない 
定額でも毎月返してるからさらにリボで買い物する 
気づいたら弁済額6桁なるパターン

リボとかいう頭弱い人間から徹底的に搾取するシステム

リボはやめとけ。
分割払いのほうがまだしもだ。
リボは中毒性があるからな。
元金はたいして減ってないのに返した気にはなる。
カード会社からしたらリボ払いの客が「カモ客」だ。
悪いことは言わん。
リボは一切使うな。
母ちゃんにも危険性を教えれる人間になれ。
たちの悪いサラ金のようなもんだよ。

未だリボ払いとかやってる頭の悪い馬鹿がいるおかげで 
この低金利時代の金貸しが食ってけるんだぞ

貧乏人は収入に見合う買い物をしてりゃいいんだよ 
高利リボ借金までして見栄を張るな

リボ払いのことを万能な魔法か何かかと勘違いしてとんでもない借金になる人って定期的に現れるよな

年利15%越えとか闇金もびっくりだろ

借金してまで何かをしようとするっていうのが本当に理解できん。頭悪すぎだろ

40: 2017/12/27(水) 14:06:48.85 0
ローン組んでまで家建てたくないし車とかキャッシュでしか買ったことないわ 
ローン組むとかディーラーに手数料余計に取られてるだけだしアホの極みでしょ

56: 2017/12/27(水) 14:13:02.38 0
>>40は正論だなぁ 
借金しないと買えない車なんて買わないほうがいい
 
 

ローン組むのが当たり前になってる世の中が怖いよな 
普通に考えたらおかしいよ借金してまで何かを手に入れようとするって

若者向けのカードに限って標準がリボ払いになってるのには草を禁じ得ない

リボ払いは地獄の入り口とは良く言ったものだ

ファミマTカードはデフォでリボ払い 
っていう嵌め込むきまんまんの悪質商法まだやってんのかな

見えてる地雷を踏みに行く利用者サイドにも問題がある

一見すると毎月一定額を払えばいいだけだから負担が少ないように見える 
もちろんそんなものはまやかしで、一度にかかる負担が少し減る代わりに細く長くいつまでも借金背負うことになるわけやけど

若者が最初にカード契約するときにデフォルトでリボ払いになってんのやめろや
罠にハメる気満々だろ。悪意しか感じられんわw

リボ払いしてる奴は情弱としか思えない 

シェアする

フォローする