痛くてご飯も食べられない!つらい口内炎の治し方まとめ

痛くて痛くてたまらない口内炎。喋るにしても食べるにしても刺されるような痛みが口内を走るので、見た目以上に辛いのが口内炎です。

では、口内炎に対してどのように対処したらよいのでしょうか。今回は口内炎の原因と、その対策を紹介します。

口内炎の原因

口内炎にはいくつか種類があり、それぞれ原因はいくつも考えられます。しかし、私たちが普段かかるような、円形状の白っぽい口内炎は「アフタ性口内炎」言います。

一般に口内炎と言えばこの「アフタ性口内炎」を指します。したがって、以下、このアフタ性口内炎について記述します。

口内炎になる原因はいくつもあると言われていますが、大抵の口内炎は以下の原因がほとんどです。

口内炎の原因

  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 疲れ
  • 口の中を噛んでしまった
  • ストレスによる免疫力低下
  • やけど
  • 喫煙の習慣
  • 噛み合わせの悪さ

一番の原因は、免疫力の低下です。

口は呼吸したり食べたり喋ったりするための重要機関であり、常に外気と接する場所です。したがって細菌やウイルス等の侵入を受けやすく、免疫力の低下によって炎症を起こしやすい部分でもあります。

ゆえに、睡眠不足やストレスで免疫力が低下すると、口内炎が発生する確率が飛躍的に高まります。そして免疫力が低下しているときに、噛んでしまったり、熱いものを飲食したときのやけどが原因で口内炎になってしまいます。

アフタ性口内炎は一般的に10日程度で治癒すると言われていますが、10日間も痛みに耐えるのはつらいものです。以下では、早期に口内炎を治す方法について紹介します。

口内炎の治し方

イソジンうがい

口内にできた傷で常在菌が繁殖すると炎症が起きます。この炎症こそが口内炎となるわけです。人間はストレスを感じると唾液の量が減り、口内の細菌を洗い流せなくなります。その結果、急速に細菌が増殖して炎症をひどくするのです。

したがって、口内炎を根本から治すには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があります。

そこで、おススメの方法は、イソジンでうがいをすることです。

イソジンの主成分はポビドンヨード(ヨウ素の化合物)といい、殺菌力は最強クラスです。用法・容量を守って使用すれば、口内の細菌をほとんど全て消し去ることが可能です。

口内炎ができたら、速やかにイソジンを規定通りに希釈したうがい液を作り、20秒間ブクブクとうがいを3回しましょう。それで大抵の細菌は死んでしまいます。寝る前は口内の細菌が増えやすいので、寝る前にやると効果的です。

結局、口内を清潔に保つのが遠回りのようで一番の早道なのです。

ビタミン剤による栄養補給

口内炎予防のためには、普段の食事によって十分な栄養を補給するのが一番良いのですが、口内炎ができてしまっては、痛くて十分な食事が取れないという事情があります。

したがって、口内炎ができたらビタミン剤に頼るのも一案と言えます。ビタミン剤にもいくつか種類がありますが、アフタ性口内炎の場合、ビタミンB12療法がシンプルで安価で低リスクであるとの報告が挙がっています。

ビタミン剤の他、口内炎用の内服薬も一定の効果がありますので、口内炎ができやすい人は常備薬として普段から持っておく人も多いようです。

人気の市販薬、ケナログ

非常に人気で評判の高い口内炎治療薬がケナログです。

病院で処方されることもあるくらい信頼された口内炎治療薬(塗り薬タイプ)です。第一類医薬品に分類されることからも分かる通り、非常に強力な効果を持っています。

口内炎をよく作る人にとっては常備薬にした方がいいと言っても過言ではありません。

歯科医が教える裏技、サホライド

歯科医の裏技、サホライドです。

非常に強力な殺菌効果を持ち、口内炎に塗布することによって、口内炎を劇的に治すことが可能です。

ただし、サホライドを口内炎に塗ると、非常にしみて痛いです。本当に本当に痛いのですが、ほんの十秒程度で痛みは引き、患部に白い上皮を作ります。

患部に上皮ができるので、その後口内炎は嘘のように痛みが消え、その後一日もあればすぐに治ってしまいます。

市販薬ではないので、歯科医に行って処方してもらうことによって入手することになります。

口内炎の予防

十分な栄養を取る

栄養が偏ると、口内炎発生のリスクが高まります。特に、肉類ばかり食べているような人はしょっちゅう口内炎ができてしまうようです。

口内炎予防・治療のために重要な栄養は、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCです。以下に代表的な食材を載せておきますので、普段からよく食べておきましょう。

十分な睡眠をとる

口内炎が治るためには、炎症を起こした部位の細胞が新しい細胞と入れ替わることによって組織が再生される必要があります。

しかし、細胞の入れ替わりは睡眠中じゃないと活発に行われないという性質があります。特に夜10時には寝ておかないと十分な回復効果が得られません。

したがって、口内炎ができたら10時には寝るように心がけましょう。

刺激物を控える

口内炎は口内にできる傷、つまり炎症です。したがって余計な刺激を加えると治癒が長引きます。

したがって、お酒やたばこなどの免疫をさげるものを避けるのはもちろん、辛い物や熱い食べ物など、口に刺激の強いものは控えましょう。

ネット民の口内炎治療法

ネット上には様々な口内炎対策の情報が書き込まれています。

民間療法的なものから歯科医推奨のものまで、たくさんの情報を収集しましたので、気になった対処法があれば、試してみると良いかもしれません。

マルチビタミンの錠剤飲むようになってから数年できてないわ 
どうせ栄養不足やろ

サホライドとかいう劇薬。めちゃ激痛が走るけど、すぐに痛みは引くし、一日以内にほぼ必ず治る。これは保障する。

書かれてるけど自分も紫リステリン押し
一日5回以上すすぐと口内炎がすうっと消えて行く
そもそも噛んだ傷がなる事が多いので、噛んだらすぐにリステリン開始する
これで治らない口内炎は口内炎じゃないかも知れないので病院へ行こう

口呼吸による口内乾燥がほとんどの原因だよ
ビタミン不足が定説のように扱われてるけど、現代の食生活ではまずありえない
口呼吸してないつもりでも睡眠時にしてる可能性がある
寝てる時は唾液が減るから、口呼吸と合わさって雑菌が死ぬほどわく
口呼吸してなければ朝に口臭する事はないから、朝に口が臭い奴はまず口呼吸

ビタミンBサプリ飲め 
ケナログかアフタゾロン塗れ 
口の中を清潔にしろ 
それで治る

口内炎にはチョコラBB最強

口内炎が出来たら寝る前にケナログを厚めに塗って寝る。それで次の日の朝には治ってるか痛みが無くなるまでには回復してる。

ビタミンBを過剰に飲んで寝ると 
起きたら消えてる。

口内炎はビタミンB2を摂ると治りますよ。 
チョコラBBはほんとに効きます!

うがい。普通の水で。 

口内炎が痛むのは、口の中の雑菌が口内炎の穴で繁殖するから。とためしてガッテンで紹介されてた。うそーんと思ったけどやってみたら、確かにうがいして少しの間は痛みが引きました。2、3時間に一度うがいしてみて下さい。治りが格段に早い!

イソジン直塗り‼︎ 
しみるけど、すごい効く‼︎

野菜と果物を取るようにしたら
7年以上できなくなったわ

それまで年に2~4回できて
辛いこともあったんだけどな

とりあえず野菜と果物取るんご

口呼吸を辞めて鼻呼吸にする!これに尽きる。口を閉じてベロは上顎の裏に付ける。歯の裏には触れないように。 

口呼吸は細菌やウイルスを含んだ外気をそのまま体内に入れる動作なので、口内炎を始め様々な病気になりやすくなるらしい。 

あとは、小刻みに歯ブラシ使ってよく歯磨きするなどして、口の中を清潔にする。二本の歯につき20回歯ブラシ動かすと良いらしい。

ハチミツを塗ると治るらしい。 ハチミツの殺菌力は異常だしね
自分はしたことないけど^^;

とにかく口の中を極力清潔に保つのがいちばん治りがはやいです。イソジンやマウスウォッシュを活用してください!

うがい薬、ビタミン剤、ハチミツでだいたい一晩でなおるよ 

慢性化してたりよく噛んじゃう人はフレンチトーストとか紅茶とかで日常的にハチミツをとったりするといいってさ

歯医者で塗ってもらう薬(サホライド)は、涙出るくらいしみるけど、めっちゃ効く! 
塗ってもらったその日の夜にはもう治ってる。 

絶っっ対、口内炎パッチです!! 
内科で相談して処方してもらうと安いです。 

以前口内の手術をした際、手術の刺激ですごく大きな口内炎が出来てしまい、喋られないくらいでした。 
パッチを貼って、寝て起きたら話せるレベルに戻りびっくりしました。

歯科医師です。 
アフタシールという貼り薬がよく効きます。 
また、大きくなるまえに早めに治療するといいですよ。 

イソジン。 
直塗りは怖いので水に濃いめに入れてうがいします。 
寝る前にイソジンでうがいして、朝起きると治ってます。

ビタミンは豚肉からも摂取できます。 
内科医に教えてもらいました。 
次の日には殆ど治ります。

昔ためしてガッテンで見たけど、 
噛んで出来た口内炎と、自然に出来た口内炎では対処法が違うらしい。 
自然に出来た方はビタミン系の飲み薬で、 
噛んだ方は塗り薬や貼り薬がいいって見た気がする。

何人か書かれていますが、レーザーで焼くとあっと言う間に治ります(^^) 
塗り薬はアフタゾロンというものです。 

歯科医師です。 
私もしょっちゅうできます。本当に辛いですよね。。。 
いままでいろんな薬や方法を試してきましたが、一番早く治るのはレーザーでやいてもらい、イソジンでこまめにうがいをするとすぐ治ります! 

口内炎だけで歯医者にいくのはちょっと…と思わず、気軽に相談してみてくださいね。
ちなみに、炭酸ガスレーザーがおすすめです。 
レーザーを置いてない病院もありますので、事前に聞いてみるのもいいかもしれません。

歯医者さんが教えてくれた白金ナノコロイド配合の 
プラチ・ナノテクトEXっていう口腔内洗浄液をごく少量 
歯磨き粉の後に口に含み洗浄、口内炎には小さくちぎったコットンに 
浸して患部に当てると治りが早いと聞いて使っています。 

普段1週間くらい治らないのが、2,3日で治るので気に入りました。

歯磨きしてフロスや歯間ブラシなんかで歯の間も磨いて、マウスウォッシュでもデンタルリンスでもいいからゆすいで殺菌する
で、その後大事なのが、もう一回“真水”でをうがいすること


歯磨きの後だけじゃなく、マウスウォッシュ液とかが口の中に残らないよう徹底的に「洗い流す」一回と言わず、二回三回と、上記の作業以外でもとにかく度々真水を使ってうがいを繰り返す


前に検証番組でやってたけど、薬やサプリメント使うよりも口の中を“本来の状態”に保った方が口内炎の治りが早いんだそうな
よくデンタルリンスの殺菌作用を期待してゆすいだ後そのままにしてる人がいるけど、それは逆に口内炎の治癒にはあまりよくないんだって

もちろん清潔の保つのは大前提だけど、いろいろ試すよりも自然治癒を促すのが一番効果的ってこと。そして、そのための一番の“特効薬”が真水でのうがいってわけ

ためしてガッテンによると 
口の中をぶくぶくうがいで清潔にしてから塗り薬or貼り薬が良い模様 
ビタミン系はあまり効果がないらしい。

知人に頻繁に口内炎ができる話をしたら 
「ラウリル硫酸っていう成分が入った歯磨き粉を使っていると 
口の中が傷つきやすくて口内炎になりやすい」と聞いて 
すがる気持ちで歯磨き粉を変えてみた。 
市販のものでその成分が入っていないGUMに変えてみたら 
今までよりも口内炎頻度が減った!

口内炎出来たらイソジンを塗れと言われたよ。 
うがいじゃなく直に塗る。そう言われて出来たら綿棒で塗ってたな〜。

シェアする

フォローする

コメント

  1. NT より:

    サホライドは硝酸銀ではなくフッ化ジアンミン銀と言って虫歯の進行止めです。歯科医が歯科材料店から購入し歯科医院で使うもので、患者さんに処方はしません。

    ケナログ等のステロイドでは口内炎は治りません、詳しくは「口内炎特効薬即効ファミリー歯科」を検索下さい