負け組ルートと勝ち組ルート・・・人生の成否を分かつ境界線7つ

人生は選択の連続です。その時その時にどちらを選ぶかによって人生は良くも悪くも大きく変わります。

では、人生ではどのような選択をしなければならないのでしょうか。今回は、私達の人生で直面するであろう選択について調べました。

格差を否定するだけか、受け入れて前に進むか

この世界はあらゆる格差があります。

収入、学歴、容姿、家柄、育ち、知能など、ありとあらゆる格差が存在しています。私たちはどの一人として同じ人間はいません。したがって、人間が二人以上存在すれば、そこには必ず格差が存在します。

こういった格差を前にして、ただ不公平だ理不尽だと文句を言うだけか、それとも格差の存在を受け入れたうえでどれだけ上位に食い込めるように建設的な努力を続けるのか。

この世界は弱肉強食の世界ですから、格差がなくなることなどあり得ません。どれだけ不公平だと嘆いたところで格差はなくなりません。

したがって、格差社会に文句を言うのは諦めて、少しでも上位に上がれるように建設的な努力をする方が良さそうです。

都会で暮らすか田舎で過ごすか

都会に住むか田舎に住むかも非常に重要な選択です。

都会は人口が多いため、イベントも店も多く、交通インフラも充実しています。仕事も多く、収入も高めです。しかしその反面、人が多すぎて人混みが鬱陶しかったり、家賃が高いというデメリットもあります。

田舎は人口が少ないため、人混みや高い家賃とは無縁です。しかしその反面、店もイベント事も少なく、交通インフラが不十分です。そのため車が必須という実情があります。仕事も少なく、情報・モノ・人・金の不足も痛いと言えます。

その他、田舎は文化レベル・教育レベルが低いという事実があります。実際、大抵の高収入・高学歴の人は都会に出てきて住んでいます。

都会と田舎、どちらも一長一短あり、どちらを選ぶかはあなたの好み次第と言えます。

高学歴になるか低学歴になるか

日本含め、この世界は学歴社会です。

よく「人の良し悪しに学歴なんて関係ありません」などという言葉を聞きます。しかし実際世の中では、高学歴の人は学歴だけでなく知性や品性も収入も高く、低学歴の人ほど学力のみならず品性や知能が乏しいということに気づくかと思います。

というのも、学歴というのは何も学力の良し悪しだけを示す指標ではないからです

学歴とはどれだけ自分を律して勉強に励むことができるのか、どれだけ学習の習慣を身に付けられるか、どのくらい教育費をかけられる家庭に生まれているか、本人の知能指数はどれくらいか等を示す指標なのです。

日本では、学歴の良し悪しは就職の良し悪しに直結しており、就職の良し悪しは収入の良し悪しに直結しており、収入の良し悪しは結婚の有無に直結しています。

このように、あなたが望むと望まざるに関わらず、日本では学歴をどこまで高められるかで人生が決まるという実情があります。

学歴の重要性に早いうちから気づけるのか、いつまでも気づかないのか。
早いうちから勉強に励むのか、それともずっと遊び呆けるのか。

この選択によって人生は大きく変わります。

健康に気を使うか、気を使わないか

健康の良し悪しは人生の良し悪しに直結しています。

若いうちから酒やタバコに手を出していると、年をとるとすぐに体にガタが来ます。若いうちはどれだけ食べても太らなかった人も、食生活を改めないといずれブクブクと太りだします。

病気になっては体も心もボロボロになってしまいます。健康の大切さは失ってから気づくものですが、失ってから気づいても遅いのです。

健康に気を使うのか使わないのか。この選択で人生の快適度が大きく変わります。

読書から学ぶか、テレビのゴシックを鵜呑みにするのか

何を情報源とするかによってその人の頭の中が決まります

本とは、ある分野において知識・経験がある人が、推敲に推敲を重ねた知見・考察をまとめたものです。したがって、そこに書かれている情報の信憑性は高く、情報の価値も非常に高いと言えます。

一般的に、本を書けるのは非常に高度な知識を持っている人だけです。つまらない情報しか書かれていない本など売れるはずもないので、そもそも出版社が出版させてくれないからです。

多くの人から読み続けれられているような名著、ベストセラー、古典などは読む価値が非常に高く、そういった本との出会いは人生を大きく変えることもあるでしょう。そういった本に書かれていることを学び、実行することができれば、筆者の人生分丸々得したことになります。

それに対し、テレビというのは全て頭の悪い人向けに編集されています。テレビをつけてみれば、クイズ、食べ物、広告と、明らかに馬鹿な人向けに作られています。嘘や捏造も当たり前です。

実際、テレビを作っている側の人がTwitter上で「テレビは頭の悪い人向けに作ってる」と暴露しています。こういったものを情報源としているようでは、情報弱者となるのは避けられません。

知識をどこから引っ張ってくるかが、その人の頭の良し悪しを決めます。情報源は慎重に選びましょう。

結婚相手がいるかどうか、その相手の良し悪しはどうか

結婚のするかしないかも人生における大きな選択です。

特に女性にとっては、結婚は人生において最も重要な問題と言えます。もちろん、結婚するかしないかもそうですが、もしするならば、相手も良し悪しも非常に大事な問題となります。

特に収入も取り柄もない女性にとって結婚は人生一発逆転の唯一の手段という事実があります。相手が高収入であったり、性格良しであれば人生は上向きますし、玉の輿に乗れれば、その時点で勝ち組確定となります。

しかし結婚できないと「負け犬」や「売れ残り」の烙印を押され、周囲から奇異の目で見られて惨めな思いをします。

日本では未だに「大人は必ず結婚するもの」「結婚しない奴は社会不適合者」という風潮があり、特に女性に対してはその傾向が顕著です。

もちろん結婚するしないはその人の自由ですし、その結果どうなるかは全てその人の自己責任です。

結局どちらを選んでも苦労はありますので、よく考えて悔いのない方を選びましょう。

高収入か低収入か

この世は資本主義社会です。収入の多寡がそのまま勝ち組・負け組を分けます。

どれだけ「金持ちはズルい・卑しい」などと言っても、お金を持っている人の方が強く、自由に生きていけるという事実は覆りません。

だからこそ、勉強を頑張って学歴を良くしたり、資格を取ってキャリアアップを目指したり、出世するために仕事に励んだり、起業したりすることが重要となるのです。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 自殺を認めよう より:

    じゃあ格差を受け入れて自殺するしかないってことだな。
    もう終わりだ