ブラック企業直伝、社畜化のための洗脳手法を大公開

今や日本中にはびこるブラック企業。ブラック企業は採用・研修段階で徹底的な洗脳を行い社畜化教育を行います。その手法はカルト宗教も真っ青です。

今回は、ブラック企業の新人研修にありがちな洗脳化の手法について解説します。

ブラック企業の新人研修=洗脳教育

ブラック企業における新人研修は悪徳宗教の洗脳手法に酷似しています。会社のために血肉を捧げる社畜を一匹でも多く生産するために、研修という名の洗脳を施すのです。

その洗脳手順は以下の通りです。

ブラック企業直伝、洗脳の手順

洗脳とは、以下の原理によるもので、基本的な手順は以下の5つです。 
【隔離】 
ターゲットを日常から引き離す。 
【鬱化】 
隔離して逃げられなくしてから、身体的にも精神的にも弱らせる。 
【刷込】 
弱ったところで、洗脳する内容を記憶の中に刷り込む。 
【安定】 
弱らせるのを止めて、刷り込み状態を安定させる。 
【強化】 
刷り込みが抜けないように、洗脳を強化する。 

これをするのがブラック企業の研修です。以下、各項目について解説します。

隔離:洗脳環境に閉じ込めて逃げられないようにする

洗脳の初手は「隔離」から始まります。山奥にある研修施設などに連れていって、泊りがけで”研修”という名の洗脳を行うのです。

携帯などの外界との連絡手段も没収し、会社の価値観以外に触れる機会を奪うことによって、洗脳しやすくなるほか、外部の人間から洗脳を解かれるのを防ぐ目的があります。

鬱化:精神的・身体的に弱らせ、洗脳しやすい状態にする

逃げられなくなった状況で、洗脳にかかりやすくするために人格や理性を破壊します。

人格を否定したり、無意味なことをさせたり、大声を出させたり、走らせたりと、精神的にも身体的にも弱らせることによって、「心身喪失状態」まで追い込みます。これによって正常な判断力・思考力を奪いさり、洗脳が染み込みやすい状態にするのが目的です。

洗脳するにあたって、その人が今まで培ってきた価値観や人格は邪魔なので、まずそれを破壊するのが得策という訳です。

人格や価値観、正常な思考力が完全に消し去られれば、その人の頭の中は空っぽの状態になります。この状態なら、普段なら絶対に受け入れないような価値観やブラック思想も、すんなりと頭の中に入ってしまうのです。

鬱化の段階でありがちなことは以下の通りです。

無意味なことを延々させる

延々と無意味なことをさせることによって精神・体力を削ります。

チームに分かれて2メートルもの穴を掘らせたり、毎日数十キロの走り込みをさせたり、素手でトイレ掃除をさせたりします。

とにかく大声で、頭ごなしに怒鳴りつけるというのも定番です。絶対に無理な課題を出して、それができないとなると怒鳴りつけます。

実は課題が達成されたかどうかはどうでもよく、怒鳴ること自体が目的です。「できなかった」という精神的な苦痛に、怒鳴るという直接的な精神的な苦痛を加えることで、破壊力は倍増します。

人間は無意味なことを延々させられたり苦痛が長期間続くと、次第に思考が止まっていき、最終的には何も考えられない思考停止状態となります

正常な思考能力がないということは、ブラック企業の洗脳に抵抗する力を失うのと同義であり、洗脳がしやすい状態となります。。

大声を出させたり恥をかかせたりして徹底的に自尊心を消し去る

とにかく大声を出させるというのがありがちです。

「新入社員としての今後の抱負」「社訓」「企業理念」などを暗記させたうえで、それを大勢の前で大声で発表させます。

社外に出て、駅前や公園などの衆人監視の中で、名刺交換や挨拶、声出し訓練、猿やゴリラのモノマネなどをさせて恥をかかせることもあります。社員同士で悪いところを指摘させあい、ギスギスした雰囲気を作ったりもします。

その他、遠くに立っている先輩社員や上司に向かって大声で社訓を暗記させて叫ばせることもあります。しかし大抵は、「声が小さい」「社訓が間違っている」などとケチを付け続け、体力が尽きるまで延々と続けさせます。

電車が停車駅でドアを開くと、車内へ乗り込んで社名と自己紹介を大声で伝え、ドアが閉まる前に電車から下がることを繰り返させる。実地訓練をかねて、電話営業・テレアポを実際にやらされ、その成果を競い合わされたりもします。

こういったことを繰り返し行わせることによって、自尊心を消し飛ばし、洗脳しやすい状態にします。

長時間拘束し、回復の隙を与えない

長時間拘束することで、体力・精神の回復を妨害します。

まず、上記のように長時間走り込みをさせたり、穴を掘らせたりして疲れさせます。その後、夜に非常呼び出しをかけるなどして睡眠を妨害して、体力回復を阻止します。

体力が回復してしまうと、追い込んだ意味がないからです。洗脳しやすい状態を維持するために、精神的にも肉体的にも追い詰められた状態をキープするわけです。

体力を回復されて、洗脳に抗う意思が生まれて脱走されてしまう危険性を摘む目的もあります。

刷込:企業の理念を骨の髄まで叩き込む

いよいよ刷り込みたい理念や価値観、考え方などの「その企業にとって都合の良いこと」を叩き込みます。

もう既に隔離されているので、それを違うと感じさせてくれる日常はそこにはありませんし、体力的に精神的にボロボロになっているので、「それはおかしい」と考える余力は残っていません。

気合いだ根性だの精神論を叩き込み、会社のために粉骨砕身する社畜にします。普段であればバカバカしいと思えることも、弱り切った心身にはすんなりと染み込んでしまいます。

安定:洗脳を脳内に定着させる

そしてここで成功体験を与えます。何かを成功させ、その成功を褒めることによって強烈な成功体験が脳に焼き付きます。

例えば、社長が登場して「よくやった」などと抱きしめるのが定番です。抱きしめられた人間にとっては、それが何よりも「受け入れられた」というご褒美になりますし、その光景を見ていた他の人間にとっては、自分もそうなりたいという羨望の対象になります。

冷静に考えれば「そんなの嬉しくねえよ」ということでも、ここまで洗脳の段階が進んでしまっていると、何故かとんでもないご褒美になってしまいます。

研修の最後の夜、打ち上げの段になって幹部たちが妙に優しくなってお酌をしたり、「ごめんな厳しくして」と謝ってきたりすることもあります。

これは「パブロフの犬」と同じ関連付けの方法で、苦しいこと=ご褒美という条件付けがなされた社畜はサービス残業や休日出勤などの苦しいことも文句を言わずやるようになります

こうして、「辛いことをするとご褒美が待っている」という関連付けがなされ、以降どんなに辛いことにも進んでやる社畜が完成するのです。

強化:洗脳をより強固にし、抜け出せないようにする

洗脳が済んだら、その洗脳が簡単に解けないように定着させます。

仕事を大量に割り振ったり、何らかのノルマを与えて否応なしにその会社に染めます。もしノルマが達成できなかったらやり直しとして、再研修となります。

「社員は会社のために心身を捧げるのが当然」とまで思い込ませたら洗脳完了です。この状態まで洗脳されてしまった社畜は睡眠時間の短さや残業時間の長さを自慢するようになります。

これは「奴隷の鎖自慢」と呼ばれ、人間は低劣な環境に慣れすぎると自分の環境を誇りに思い始めるということです。

ここまでくると、他の社員が休憩や有給を取ったりするのが我慢できなくなり、妨害し始めます。自分から進んで残業をし、それを他人にも強要し始めることでブラック環境を自分から構築し始めるので、経営者からすると非常にお得な人材となるのです。

ブラック企業によるネット上への書き込み

ブラック研修の工作員が沸いてるな、この手法は完全にアウト 

「心神喪失状態」に追い込み、正常な思考を奪い去って新たな思想を入れ込む洗脳手法はオウム真理教が信者を洗脳したカルトの手法とまったく同じ 

「辞める奴は根性や誠意がない」みたいな言葉をかけるだけでどんな要求も無限に受け入れてくれる 。そういう人材を選抜しているというだけの話なんだよなあ 
相手の要求に応えられないことを悪だと刷り込まれた人間は本当に扱いやすいもんね

 
 

従業員を洗脳しなきゃ経営できないのは経営者が無能だからなんだよな。低賃金長時間労働を従業員自らに正当化させるためのほんにしょうもない手段。 
考える頭を持ってる人間は低待遇に嫌気をさして辞めるか、最初からこんなブラックに入社することはない。

俺は新卒でブラック→転職してホワイトに入れたから分かる
ブラックは会社もク.ソだが、社員もアホばかりが残る
アホだからパワハラやサービス残業にも黙ってる
まともな人間はすぐに転職していく

俺もかなり前だが経験したわ 
運動やら講義やらグループ研修やらで 
とにかく眠らせない 
頭ボーッとしてる間に洗脳される感じ 
配属される時にはロボットになってる

誇張じゃなくカルトと同じ

ブラックで営業とかやると、マトモだった同期が壊れて行くのが解るね 
その自分自身も、内部社会の価値観が理解できる位まで染まっているのを感じたし

支配のためだよ、便所を素手で洗わせるのも同じ 
なんでも言うこと聞かせる奴隷への訓練

俺が以前在籍してた眼鏡屋がまさにそれだな 
外界と遮断、大声を出す、真夜中までカリキュラム、常に怒鳴られ罵倒され… 
今となってはいい思い出だけど、正直何の役にも立たなかったな

あと、こういうのってDV男とそれに依存する女と一緒なんだよな 
日本人自体が依存しやすい性格なんだろう 
職場依存、仕事依存…etc

無意味な事が意味あるんだよ 

穴を掘らせて埋めるみたいな一見何の意味もないような命令をずっと続けてると、命令に対して疑問を抱かなくなる。極めて有効なやり方なんだよ

知力で優れた人ならブラックになんぞ入社しない 
凡人で根性と努力で命令に従う奴隷になる以外に能力がないのだから仕方ないよw 
そんな奴隷が労働者の8割ほどいるから、みんな奴隷さw

大手パチンコ店舗従業員、大手紳士服販売員も同じようなことするよ。 
洗脳ビデオ見させられて涙ぐむ奴もいるし。辛いけどみんなで頑張ろうとかお客さんを笑顔にしたとか、そういうので自分はこれからやっていくんだって思い込ませる。 
まじで洗脳臭いので、それが洗脳だと気づく奴は1日目で転職計画を練り始める。

軍隊ごっこが好きな人ってのは割とどこにでもいるし閉鎖された環境ではそれが正義になる 。ギャングの通過儀礼に「リンチを受けること」みたいなものがあるのと同じ理屈

研修で40キロ歩かされた事あるわ 

同じ班のやつが腰痛持ちで、意識高い系のやつに頑張ろう!?とかここで頑張らないと!とか言われて死にそうな顔してた 

その会社は1年後に倒産した

シェアする

フォローする