バック駐車で簡単に真っすぐ止めるコツ

車を運転する人にとって避けては通れないのがバック駐車です。

教習所で一通り習ったとはいえ、教習所では「あのポールが見えたらハンドル切って」などと、実際の公道での駐車では役に立たないようなアドバイスを受けます。

教習所では教官がハンドルを切るタイミングを指示してくれるので、実際にハンドルを切るべきタイミングが分からないという人も多くいるようです。

今回は、簡単なバック駐車のやり方とコツを紹介します。

正しいバック駐車のやり方

駐車のやり方は人によって違うかもしれませんが、今回は教習所で習った正しいやり方をもう一度復習しましょう。

このやり方は狭い道での駐車や方向転換にも使えるやり方です。一度覚えればどんな場所でも使えるので、この機会にマスターしましょう。

ハザードランプを点灯させ、車を駐車スペースに寄せる

まずは駐車したい位置に狙いをつけて、駐車しやすいポジションを取りましょう。このとき、駐車の意思を示すためにハザードランプを忘れずにつけておきましょう。

車には外輪差というものがあるため、駐車したい位置とはできるだけ広くスペースを確保しましょう。車種にもよりますが、最低50cmは確保しておきましょう。

駐車したい場所の角と後輪が近づくようにバックする

バックする前に後方の安全を確認してから、バックギアに入れてバックする準備を整えます。

準備が整ったら、後輪の動きを意識しながらゆっくりとバックし始めます。このとき、「ピポットエリア」と呼ばれる駐車したい場所の角の部分に後輪が近づくようにハンドルを切ります。

外輪差があることを意識して、前輪がぶつからないかをチェックすることも大切です。

サイドミラーを見て、後輪が安全に入れるかを確認しながらバックする

サイドミラーを使って、ピポットエリアを意識しながらバックします。

左右のサイドミラーを確認しながらゆっくりとバックして、車体が平行になる少し前にハンドルを元の位置に戻し始めましょう(平行になってから切り始めると、少し車体が傾いて真っすぐになりにくい

車体が真っすぐになったら、ハンドルを戻して真っすぐにバックする

車体が真っすぐになったらハンドルを完全にニュートラルの位置に戻し、真っすぐにバックしましょう。

バックミラーもしくは直接自分の目で後方を確認しながら、後部がぶつからない程度にバックしてから停止します。

停止したらハザードランプを消し、パーキングギア・パーキングブレーキを入れて、エンジンを切ります。

これで駐車完了となります。

バック駐車のコツ

バック駐車が苦手な人は、運転の才能がないのではなく、バック駐車のコツを知らないだけです。バック駐車するときのコツは以下の通りです。

ピポットエリアを意識する

ピポットエリア(駐車したい場所の角)を意識しながらバックするのがバック駐車のコツです。なぜなら、後輪さえ正確に入れば、前輪も自然と駐車場所に収まるからです。

サイドミラーを使う

駐車が下手な人は「サイドミラーを使わない人」が多いようです。

車体が真っすぐになっているかは左右のサイドミラーを見ながらでなければ難しいという事実があります。

特に、運転席からでは左側の状況が見えにくいので、左のサイドミラーには特に注意を払いましょう。

バック駐車をするときの注意点

バック駐車の時に気を付けておくべきことは以下の通りです。

ゆっくり、ゆっくり駐車する

バック駐車というのは死角が多く、危険な操作と言えます。見えないところから歩行者が侵入してくるという事態も多々あります。

したがって、基本的にアクセルは踏まず、クリープ現象(AT車が勝手に進む現象)のみで動きましょう。右足はいつでも止まれるようにブレーキの上に置いておきます。

慣れていない人は、止まってからハンドルを切る

一回も切り返すことなく、止まることもなくスムーズに駐車するのがベストですが、慣れていない人は無理する必要はありません。

一度止まって、周囲の安全や駐車場所を確認してからハンドルを操作してから動きましょう。大事なのはかっこよく駐車することではなく、安全・確実に駐車することです。

一つ一つの操作を確実に行うことを心がけましょう。

シェアする

フォローする