アルコール依存症になった人にありがちな症状とその末路

現代社会には欠かせない嗜好品となったアルコール類。大学生や社会人は付き合いで飲むこともあるでしょう。

しかしその一方で、「アルコールが欲しくて欲しくて居ても立ってもいられなくなる」というアルコール依存症を引き起こす元凶でもあります。特に、アルコール依存症末期の人は悲惨すぎるともっぱらの評判です。

お酒をよく飲む人のほとんどは、自分がアルコール依存状態にあるとは思っていないはずです。しかし、アルコール依存症の疑いがある人は450万人近くもいて、しかも毎年のように増加している恐ろしい病なのです。

今回はアルコール依存症の症状や治し方について調べました。

アルコール依存症の症状

「アルコール依存症」の画像検索結果

アルコール依存症になってしまうと、人間の体はどうなるのでしょうか。具体的な症状としては以下のものが挙げられます。

アルコール依存症の症状

  • お酒を飲みたくて飲みたくてたまらなくなる
  • アルコール摂取を続けることで、仕事や人間関係に支障が生じているにもかかわらず、禁酒することができない
  • アルコールが切れると離脱症状(イライラ、めまい、手の震え)が起こる
  • お酒以外のことを考えられなくなる。一日中お酒を飲むことばかり考えるようになる
  • アルコールに対する感度が鈍くなるので、以前より多くお酒を飲まないと酔えなくなり、どんどん飲酒量が増えていく
  • 幻覚が見えたりや幻聴が聞こえたりする
  • 不安や焦燥感、イライラが止まらなくなる
  • 理性・記憶力が減退するため、それに伴って社会性も減退する。
  • 認知・判断能力が低下する
  • 「うつ病」「統合失調症」などの他の精神疾患や依存症を併発する可能性が高まる

適切な飲酒量とは

アルコール依存症は否認の病

お酒を飲む人のほとんどは自分がアルコール依存症にはならないと思っています。

実際、アルコール依存症に限らず、「依存症は否認の病」とも言われ、自分が病気だとは認めたがらないところにこの病気の恐ろしさがあります。本人が病気を認識しないので、いつまで経っても治療が進まないのです。

アルコール依存症への第一歩は、自分は違うという思い込みから始まります。誰もアルコール依存症になりたくてお酒を飲んでいたわけではないのですが、病気になった誰もが「自分がアルコール依存症になるとは思っていなかった」のです。

アルコール依存症になりやすい人

「自分はお酒に強いから大丈夫だ」と思っている人ほど要注意です。そういう人ほど調子にのってたくさんお酒を飲むので、健康被害が大きい傾向があるからです。

アルコールに強いというのは、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する有害物質アセトアルデヒドの処理能力が高いという意味です。つまり、悪酔いしにくい体質のことです。
しかし、そのこととアルコールが脳や体に与える影響は全く別のものです。

お酒に強いからといって、アルコールが体に及ぼす悪影響がないわけではないのです。飲めば飲むほどアルコールによる健康被害は増えます。

その他、交友関係が寂しく孤独感を強く感じている人も要注意です。こういった人は寂しさの埋め合わせにどんどんお酒にのめり込んでいくので、気づいたときにはもうお酒が手放せないという状況になりがちなのです。

なぜアルコールは危険なのか

「アルコール依存症」の画像検索結果

そもそもアルコールの本質とは「麻痺毒」なのです。アルコールを飲んだ時に生じる「酔い」という状態は、脳が麻痺している状況をオブラートに包んで表現しているだけです。

アルコールを飲むと認知・判断力・理性・記憶力・思考力など、様々な能力が低下します。これはアルコールが脳を麻痺させているのが原因なのです。

最初は大脳が麻痺し、思考力や理性を失います。次に小脳が麻痺し、千鳥足になったり吐き気・嘔吐を生じます。さらにアルコールを摂取すると記憶を司る海馬が麻痺し、まともに立てなくなったり、意識や言葉がはっきりしなくなります。お酒を飲んでから記憶がないという人は、実はかなり危険な水準まで麻痺が進んでいるのです。

それでもまだアルコールを飲み続けると脳全体が麻痺して意識を失ったり、大便や小便を垂れ流したり、呼吸が止まるなどして、最悪の場合死に至ります。

アルコールは体内に入ると肝臓で分解されます。その際、アセトアルデヒドと呼ばれる物質が発生します。このアセトアルデヒドは極めて毒性が高く、動機や吐き気や頭痛などの、いわゆる悪酔いの症状を引き起こします。

お酒を飲むと顔が赤くなる人が居ますが、これは全身までアセトアルデヒドが回ってしまい、全身の細胞が猛毒に侵されている状態を表しています。よくある光景とはいえ、生理学的には極めて危険な状態なのです。

アルコール依存症にありがちな事とその危険性を指摘するコメント

「アルコール依存症」の画像検索結果

アルコール依存症になると悲惨だと言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。そこで、アルコール依存症になった人や、アルコール依存症について知っているという人たちから情報を集めました。

2週間の断酒中に離脱症状(よく言われる禁断症状)で幻覚だったり、俺は誰かに狙われてるって本気で信じこむようになった

地獄の苦しみやで
自分の髪が全部白髪になっていくんじゃ?って苦しみを味合うことになる
その前の月に仕事も辞めとったし親に財布とかスイカを全部預かってもらってひたすら耐え抜いてたわ

末期のアル中患者は自分の息の臭さで目が覚めるらしい。

胃に残ったアルコールと酒のつまみが未消化のまま腐敗して最凶最悪の臭いを発しているから自分ですら臭すぎてまともに寝れなくなるらしい。

ガチで酒を飲んでないと精神が保てない。アルコールが切れると手の震えが止まらなくなって何もできなくなる

「ストロングゼロ」の画像検索結果

酒が切れたからお酒を買胃に行ったら
手が震えて金を入れられないから自販機で酒が買えない

アル中になると脳にアルコールを強烈に求める回路が作られるからどんなに頑張っても我慢できなくなるんよな。しかもその回路は除去出来ない

研究資料や経験者たちの声を踏まえた上での想像だが、禁断症状のひどさは
>ヘロイン>>>>>タバコ>コカイン>>>大麻
くらい

何十年も毎晩大量飲酒してた爺から強制的に酒奪ったら
発狂と言うか人間終わってた
断酒2日目に挙動不審
断酒3日目から幻聴に幻覚発生
襖の間から誰かが殺しに来るとかの妄想が激しくなりガタガタぶるぶる
口にタオル詰めて手足縛ってオムツ
三食食うときに付きっきりで多量のビタミン剤飲ませて
途中水分補給も忘れずにやって
二週間でふと正気にかえった
発狂期間の記憶はないっぽい

アルコール依存は不可逆なんだよ
一旦症状が進んだら戻らない

関連画像

中毒になったらタバコどころかどんなドラッグより怖いよ
適度に飲むなら良いけど昼酒が止められないようになったらアウト
アル中の平均寿命は51歳

アル中だった兄貴は50代どころか30代で死んだよ
最期はアルコールに脳みそ壊されて廃人になってた。
お前らが思ってるより、アル中は怖い病気だよ。心が弱く自制出来ない人間は酒なんて飲まない方が良い

酒は世界最強のドラッグだというの知らない人多いよね。

女の人はアルコール依存になりやすいから気をつけてね
今CMで女性向けのお酒のCM流れてるけど
一度お酒に呑まれた人間から見てるとほんとゾッとする
肝臓が小さいのと女性ホルモンの関係で
一般男性が15年~20年でなるところ5年くらいでなるみたい

飲まないと嫌な事ばっか考えちゃうけど飲んでも嫌な事ばっか考えちゃう
飲んでる方が早く気をそらせるから飲むしかない
飲まないと死んじゃう

「50まで生きりゃもういいよ」

まだ若いからこんな事言っていられる
死ぬって簡単に言うが、誰もが脳縊血みたいにポックリ逝けると思ったら大間違い
半分死んでるみたいな状態で「酒…」とうめきながら糞尿垂れ流してベッドの中、看病してくれる身内に泣かれながら本人も自分が生きてるのか死んでるのかわからないような地獄のような現実の可能性の方が高い

死ぬ、なんて人が消える簡単なイメージをもたない方がいい。

覚醒剤とかのクスリよりも、圧倒的に手に入りやすいってのが問題だな
週末にしか開催されない競馬よりも、毎日やってるパチンコの方がそりゃヤバイ
携帯ゲームなんか四六時中手元にあるんだからもっとヤバイ
ヤバイと分って止められるようなら、依存症にはならんだろうけど

アルコール依存症を治す方法

「アルコール依存症」の画像検索結果

残念ながら、アルコール依存症を完治させる方法は存在しません。依存症は不治の病であり、進歩した現代医学でさえ治すことができないのです。

アルコール依存症に対する唯一の解決策は「今後一切お酒を飲まないこと」です。

一度アルコール依存症になってしまった人の脳は既にアルコールに対する依存回路ができてしまっており、それを取り除くことはできないからです。

したがって、アルコール依存症になってしまったら、病院に行って医師と相談しながら一生お酒の誘惑と戦い続けなければなりません。

病院ではカウンセリングの他、禁酒薬(注:お酒を飲むと気持ち悪くなるようにする薬。これによって”お酒=気持ち悪い”という条件付けをして、お酒を断ちやすくする狙いがある)を処方されます。

その他、AA(注:アルコールアノニマス。禁酒を目的とするアルコール依存症患者の集まり)に参加して、同じアルコール依存患者と手を取り合いながら、禁酒を続けていくことも大切です。

シェアする

フォローする