冗談は嘘ではない?言葉を大事にする人が冗談を言わない理由

冗談は人との会話でよく使われるものです。うまく使えば、人とのコミュニケーションを円滑にする効果がありますが、使い方を誤れば軋轢を生む原因となります。

今回は「冗談」の性質や使われ方についてまとめました。

冗談は失礼の免罪符にはならない

「冗談」の画像検索結果

冗談を言う時に気を付けてほしいのですが、冗談は失礼の免罪符にはならないのです。

よく人の気分を害してしまったり、その場の雰囲気を悪くするようなことを言ってしまったときに、

「冗談だから」
「ほんの冗談のつもりだった」

と言うような人がいます。こういった人間は冗談の使い方を完全に誤解していると言わざるを得ません。

冗談というのは辞書によると、
「遊びでいう言葉。ふざけた内容の話。遊びでいう言葉。ふざけた内容の話。」

と書かれています。つまり、仲のいい間柄で遊び・戯れの範囲で言うことを冗談というのであって、人の気分を害してしまったような発言はただの失言です。

失言をしてしまったからには「冗談だから」などと言って逃げようとするのではなく、気分を害してしまったことを真摯に謝らなければなりません。

まともな人間は冗談でも失礼なことは言いませんし、相手の気分を害してしまったときには素直に謝ります。「冗談だった」などという言葉で逃げようとはしません。

なので、相手の気分を害してしまったときに「ごめんなさい」という言葉よりも「冗談」という言葉が先に出てくるような人間を見逃してはいけません。そういった人間と関わっても「冗談のつもり」で「気分を害するようなこと」をしてくるだけだからです。

当たり前のことですが、冗談と言えば何を言っても許されるわけではありません

冗談はDV・ハラスメント常習者に多い

「冗談 DV」の画像検索結果

冗談を多用する人間にはDVやハラスメントをする人が多いという事が報告されています。

冗談というのは自分の発言を誤魔化す時に便利なので、言葉の使い方を間違えているような人間や失言が多い人が多用する傾向にあります。

前述の通り、「冗談だから」と言えば何を言っても許されると勘違いしている人もいますし、言葉を都合よく使って相手を追い詰めるような、いわゆるDV気質を持つ人間にとって「冗談」というのは便利だからです。

例えば、相手をカチンとさせるようなことを言った後で、

「冗談を真に受けるなんて」
「冗談の通じない奴だな」

などと言う人が居ます。こういった人間は、「自分の発言によって相手がどう思うかを考えていない」という点においてモラハラ・DV予備軍であると言えます。

冗談というのは相手が笑える内容だから許されているのであって、相手をカチンとさせるような発言は冗談ではなく、ただの失言です。

失言をしたときにまともな人は謝りますが、モラハラ・DV気質の人間は何とかして「俺は悪くない、お前が悪い」という構図にしたがります。そういったときに冗談という言葉は便利に使えるので、モラハラ・DV気質の人は冗談という言葉を多用するようになります。

つまり、冗談を多用するような人間はそういった気質を備えている人間だということを予め知っておくべきです。

彼らは「冗談だから」という言葉を盾にして自己保身を図り、「冗談を真に受けるなんて」という言葉を矛にして冗談を受け流せない相手が悪いということにするような人間だからです。

このような「冗談」という言葉を都合よく振り回す人を決して見逃してはなりません。このように、「言葉を都合よく使って相手を苦しめつつ、自分は悪くないというスタンスを崩さない人間」は確実にモラハラの素質を備えているからです。

実際、配偶者からDVを受けた人たち全員が「冗談として殴るふりをされた」ということが報告されています。

昔、配偶者にDVを受けていた女性たちが被害について
語っているページを見た。
そこでは、結婚前にDVをする相手だと
見破る方法はなかったのか?DVの前兆はあったか?
という話がされていた。
そこで全員に一致していた特徴がひとつあった。
それは、「冗談として<殴るフリ>をする」というものだった

全員が全員そうとは言えない。
だけど「冗談として」失礼な言動をとる人には注意する。 
冗談で馬鹿にする 冗談で意地悪をする 
心根が良心的でやさしい人は、わざわざ他人を
傷つけるような「冗談」はしなかった。
もし失礼なことを言われたら「いやだ」を伝え、
離れる勇気もつ。


「冗談」で相手を試しているのだと思う。
失礼な冗談を言って相手が怒るか、笑って受け入れるか。
自己肯定感が低く、自分を大切にできない相手を見分けている。
支配できる相手かどうかを「冗談」を使って試している。
無礼を許してはいけない。そういう人を近づけてはいけない。


自分が無礼に怒ることも大切。
同時に、他人に冗談であっても無礼なことをしない、
言わないのも大切。意地悪、馬鹿にする冗談等。
なぜなら他人に敬意を払わない言動を繰り返すと
まともな人が離れていく。
結局、毒のある人間関係から抜けられなくなる。
毒親から逃げてもまた毒のある人と結びついてしまう

ピーチメロンまみ子@offtw8さんのTwitterより

「冗談」を快く思わない人はかなり多い

冗談を気軽に使う人も多いですが、実は冗談というのは日本ではあまり好まれていません。

面白くて相手を愉快な気持ちにさせる冗談ならばどんどんしても構いませんし、そういった冗談ならいくらでも歓迎です。

実際、アメリカでは「アメリカンジョーク」などと言う言葉があるように、ユーモアで相手を愉快にさせるという文化が根付いている国では冗談はジョークの一種として定着しています。

しかし大抵の日本人がするような冗談はつまらないだけですし、失礼なことを言った後で「冗談だから」といって逃げようとするときに使う人がかなり多いため、そもそも冗談自体が嫌いという人も多いのです。

会社のオバサンが失礼な冗談を言っていつも人を怒らせるタイプで、一応普段は私もムッとするだけで我慢するんだけど今日は我慢ならん事を言われて怒った。いつも通りその人に「冗談なのに本気になって」って言われたけど「冗談失敗したんだから謝れ!失敗した冗談は失言だろうーが!」ってもっと怒った。

「冗談じゃん~」
と言われた時、
「全然面白くない冗談なんだけど、
どこがおもしろいか教えてくれる?」と聞いてみる
はぐらかされてもシツコク聞く

ちなみに、これは私が取った手段です
セクハラ発言を繰り返して「冗談」と逃げる同僚に返した言葉です
最後はゴニョゴニョ言い訳してたので、
「全っ然面白くないよ」って言いました
それ以来、そういった言葉はナシです

冗談に対する人々の声

関連画像

冗談に関する有用なコメントをネット上で発見したので、記載しておきます。

まともな人間は冗談でも失礼なことは言わないよ。
失礼なことを言った後で「冗談だから~」とか言う奴は真性のクズだよ
だから絶対に見逃しちゃいけない。それがモラハラのサインだから



冗談で殴るフリして「実際には殴ってないでしょ?だから悪いことしてない」っていう感じの思考回路・言動の人ってDVに限らないです。 いじめもモラハラもセクハラも「○○まではしてないんだから悪くないもん」っていう、自分の想い最優先で、相手の受け止め方に対する想像力欠如が半端じゃない。



私はDVをされてない上に個人の体験の範囲だが「冗談として殴るフリをする」奴は「暴言や暴力や犯罪まで冗談で済ませようとする」というクソ揃いだったので、DVの前兆と聞いても納得できる



冗談でも暴力の素振りのある人はには近づかない方がいいです。十中八九モラハラ・DV野郎だから。



冗談とは
「互いに信頼出来る同じ立場の人間の間で成立するもの」
であって、なおかつ
「言われた側が冗談として許す事ができて初めて冗談になる」もの。



私は冗談があまり好きじゃない…
私にとって、冗談は『オブラートに包んだ悪意』です

シェアする

フォローする