コスパを重視することによって合理性や効率性が磨かれる

コストパフォーマンスという言葉が若者を中心に浸透してきました。コストパフォーマンスとは「費用対効果」という言葉で、かけるコストに対してどれだけの効果が得られるかという意味です。

この「コスパ」という概念は非常に有用なので、コスパに関しての情報をまとめました。

コスパを考えるメリット

関連画像

コスパを考えるメリット

  • ボッタクリに引っかからなくなる
  • コストに敏感になることで経済感覚が磨かれる
  • 冷静に物事を見積もることができる
  • 単純に得をする
  • 計算したり、比較したりする習慣が身に付く

コスパを考えることは、費用やコストと得られる利益・メリットを比較することです。したがって、物事を冷静に見極めることや、場合によっては計算・比較することが必要となります。

これによってコスト意識が高まり、ボッタクリに引っかからなくなります。そうして経済感覚が磨かれることによって、あらゆる場面で得をするようになるのです。

コスパを考えると合理性や効率性が磨かれる

「コスパ」の画像検索結果

大抵の人間はただ漫然と生きています。自分が支払うものと自分が得られるものをシビアに計算しながら生きている人は少ないものです。

だからあり得ないようなボッタクリに引っかかったり、安物買いの銭失いなんてことが起きるのです。

しかし、コスパを考えるように意識すれば合理性や効率性が磨かれることになります。ただ高いコストを支払えば良いものが得られるなどどいう考えや、安ければ何でもいいなどという発想から脱却することができるからです。

コスパを考えることによって、自分が支払うコストに対してどれだけのリターンを期待するのが妥当かを常に計算していくことで、常に自分が得する方向へ進んでいけるようになるのです。

また、コスパを考えることによって「圧倒的に損をする状況」を避けられるのも大きなメリットと言えるでしょう。

例えば、山一証券や北海道拓殖銀行をはじめ、過去に倒産した企業というのを振り返ってみると、バブル期に本質価値よりも大きく乖離した土地や不動産を買った結果、倒産することになりました。

言い換えれば「実は大した価値のないものに莫大な費用をかけた」のが敗因と言えます。

つまり、倒産した原因は「コスパの悪い投資をした」という一点に尽きます。逆に言えば、コスパの良いことをしてさえいれば業績アップとまではいかなくとも、少なくとも倒産という最悪のシナリオは回避できたのにと悔やまれます。

コスパだけで論じられないものもある

「費用対効果」の画像検索結果

コスパという言葉を聞くと、

「何でもかんでもコスパコスパっていう人は何だか人情味がない」
「コスパばかり気にして生きていくことが結局コスパ悪いんじゃないの」
「物事をコスパだけで語る人ってなんか嫌」

と反論する人たちがいます。確かに物事の全てをコスパだけで論じることは難しいでしょう。

例えば、日本には数多くの高齢者がいますが、高齢者は社会に貢献しない存在です。貢献しないどころか、莫大な社会保障費と食いつぶしています。コストだけを考えるのならば、高齢者は切り捨てるべき存在です。

しかしその高齢者も誰かにとっては大切な家族であったり、師であったりするわけで、ただコストがかかるというだけで切り捨てるわけにはいかない存在なのです。

子供も直接社会に貢献しているわけではないのですが、子供の場合は将来的に労働して税金を納めることが期待できるため、ある程度のコストをかけてでも生かしていく必要のある存在です。

このように、コストだけで切り捨てられない存在はたくさんあります。

全ての人間はコスパを考えて生きている

「コスパ」の画像検索結果

コスパで論じられないものもあるというのは確かに事実ではあります。しかし、この世の大抵のものはコスパで論じることができますし、そもそも全ての人間はコスパを考えて生きているのです。

全ての人間は常にコスパを意識して生きているのであって、ただそれを意識しているか無意識のうちでやっているかという違いがあるだけです。

私達は友人関係も恋人関係も労使関係も全てコスパで考えて生きています。悪口ばかり言うような人間と関わりたくないのは、そんな人間と関わるというコストとそこから得られるものがまるで見合っていないからです。

年収の高い男性と付き合いたいのも、付き合う労力よりも付き合うことで得られるであろうお金や社会ステータスが上回っているからというだけの理由に過ぎません。

しかし、それは悪いことではありません。誰だって口の悪い人間と関わりたくないですし、できることなら年収の高い人と結婚したいというのは当然のことです。

ただ、それらはコスパの一言で説明がつくというだけの話です。大抵の物事はコスパで論じられるからこそ、もっと物事をシビアに考えることができるようになるということなのです。

コスパを重視することは悪いことではない

「費用対効果」の画像検索結果

コスパって、「自分が差し出すもの」と「自分が得られるもの」を冷静に比較分析しましょうってだけのことなのに、なんで皆そんなに拒絶反応示すか分からんわ

コスパを気にしない奴がコンコルド効果(※注)にハマるんやろうな

※注:コンコルド効果=金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながると分かっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す。 超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とする。

人間みなコスパを考えて生きているんやで。お前が今日食べたものだって、値段と美味しさを吟味しながら注文したんやろ。意識してたか無意識のうちにしてたかは知らんけど。

人間味とかクソくらえ。どいつもこいつも皆損得勘定で動いてるだけの生き物なんだからさ。人間も所詮一動物に過ぎん。

人間が損得勘定で動ているというのは当たり前の話なのに、なぜ結婚の話になると急に「結婚は損得じゃない」「結婚をコスパで語るなんて許せない」なんて言い出すんや?そんなにコスパで考えられると都合が悪いもんを人にすすめようとしてたんか?

シェアする

フォローする