より良い人生を歩むために必要なものは何?・・・幸せを構成する要素について解説

この世の誰しもが幸せを追い求めて生きていますが、「そもそも幸せとは何か」と真剣に考えると、いくつかの要素に突き当たります。

今回は幸せになるため必要な要素についてまとめました。

体が資本、健康第一

「健康」の画像検索結果

当たり前の話ですが、幸せに生きるためには健康であるということが大前提の条件です。

お金のために必死で働いても、ストレスや過労で体がボロボロになってしまっては取り返しがつきません。お金は後でいくらでも稼げるかもしれませんが、健康は後で買い戻せないからです。

お金のために魂や良心を売り払ったり、悪事に手を染める人もいます。そういった人たちは一時的にはお金を手にしていい気分になれるかもしれませんが、結局は逮捕されたり、復讐されたり、良心の呵責に苦しんだりで幸せにはなれません。

つまり、どんな人生を歩むにせよ、幸せになりたいのならば心と体が健康な状態であるということが一番大事だということです。

会社のためにサビ残したり上司にペコペコしてる奴いるけど、そうやって出世したりしたところでストレス貯まるだけだろ。会社のために精神すり減らしても、得られるのは胃痛と禿げ頭と安い給料だけ。そんなん幸せじゃないわw

健康や寿命をお金に換えることはできるけど、お金を健康や寿命に換えることはできない。(健康的な生活ならお金で買えるけど、容易じゃない。)

どれだけお金積まれたって、健康を売り渡す気にはなれない。だって嫌だろ、まともに歩けなかったり常に頭痛やストレスに苛まれたりするのって。

やっぱ健康第一だよ。若い奴には分からないだろうけど、それはまだ若くて健康だからだよ。大抵の人間は、健康の大事さを失ってから気づく。

経済的基盤があること

「お金」の画像検索結果

何だかんだ言っても、幸せのためにはお金が大事です。

よく「大事なのはお金じゃない」「お金で幸せは買えない」という言葉を耳にする機会がありますが、お金が大切だというのは紛れもない事実です。

私達が望むのものの大半はお金で買うことができるからです。

この世のありとあらゆるものはお金で買うことができます。美味しい食事、綺麗な住居、おしゃれな服、かっこいい車、時計、気持ちのいい寝床、面白いゲーム・・・。お金があれば全て手に入れることができます。

「愛はお金で買えない」とはよく言いますが、お金がなければおしゃれするために美容室に行ったり、服装や身だしなみを整えることもできません。出会いの場に行くための交通費やプレゼント代もかかせません。

つまり、愛する人と出会うためにも、愛を育むためにもある程度のお金は必要不可欠だということです。

世の中、お金で買えるものが圧倒的に多すぎる。お金さえあればほぼ何でも思い通りに生きられる。お金さえあれば人は自由になれるんだよ

お金があって解決できることはあっても、お金がなくて解決できることは何一つない

「金で買える幸せが大半」がこの世の常識だよ。金が無いと大半の幸せは買えなくなるんだ。だから貧乏人は「金で買えない幸せもある」って自分たちを慰めるようになる

「友情は金じゃ買えない!」って言う人はいるけれど、お前は友達とどこで出会った?大学?習い事?友達と出会うためにはまず金が要るんだよ

自分で意思決定できること

関連画像

幸せな人生を歩むためには、自分の意志で人生を選択できなければなりません。

日本にいる大抵の人間が幸せを感じられずにいるのは、大抵の人は自分の意志で生きているわけではないからです。

生まれてからは親に言われたとおり生活し、いい大学へ、いい会社へと進路を決めます。そして20歳を超えて自立したはずの人間でも、何歳で結婚して子供を設けて、マイホームを買って・・・といった具合に、誰かが決めた幸せモデルに従って生きていきます。

これでは誰のために生きているのか分かりません。自分の人生なのですから、自分で決めていいはずですが、大抵の人にはそれができません。世間体を気にして、誰かの言いなりになって生きていくのです。

そういった人たちが大勢いる一方で、「自分の人生は自分で決める」と決意した人間は、楽じゃないかもしれませんが、自分の満足のいく人生を歩むことができます。

大抵の日本人は生まれてから死ぬまで一生誰かの奴隷

生まれてからしばらくは親の言いなり、会社入れば上司の言いなり、子供ができれば妻のいいなり、年取っても息子・娘の言いなり。

自分の人生なんだから自分で決めるしかないだろ。誰かに頼ろうとするな

お金を取るか愛を取るか、自由を取るか安定を取るか。別にどっちを取ってもいいけど、自分で決めないと後で必ず後悔することになる。

大人になったら自由になれると思った。でも違った。大人なんて誰かの奴隷でしかなかった。子供の頃がよっぽど自由だったかもしれない。

シェアする

フォローする