寒さを凌ぐためのライフハック術6つ

「あったか」の画像検索結果

季節は冬となり、だんだん寒さが厳しい時期になってきました。寒さのせいで風邪をひいたり体調を崩す人も多いでしょう。

そこで今回は、冬でも暖かく暮らす方法を調べました。

部屋でも厚着する

「部屋 厚着」の画像検索結果

寒い時期は屋外だけでなく、屋内でも厚着をすることによって寒さを凌ぐのがよいでしょう。というのも、この世界で最も安価で最大の断熱効果を持つ素材は「空気」だからです。

厚着をすることによって体の周りに何層もの空気の層を着込むことができるので、熱を体の外に放出せずに溜め込むことができるようになります。

特に首、手首、足首は皮膚が薄いうえに太い血管が通っているため、外気によって冷却されやすいので、これらの部位は特に優先的に温めておいた方が良いです。

マフラー・リストバンド・靴下などを重ね着することによって冷えるのを防ぎましょう。

窓に断熱材や隙間テープを張る

「断熱材 窓」の画像検索結果

窓に断熱材を張ることによって暖房の効率が飛躍的に高まります。なぜなら、部屋から奪われていく熱の大半は「窓から」だからです。

窓というのは一番外気と接する場所なので、外気と室温の温度差に比例して熱を室外へ移動させてしまうのです。つまり、窓に断熱材を貼ることが一番効率よく部屋から熱の流失を防ぐ方法だということです。

断熱材と言っても、ホームセンターで売っている窓用断熱シートや梱包材として使われているプチプチで十分です。それらを窓に貼っておくことで、窓に空気の層を作ることができ、強力に断熱することができるのです。

なお、プチプチを断熱材として利用する場合ですが、プチプチの面をガラス側に向けて下さい。ガラス面と室内の間に空気の層を作ることで効果を発揮します。

前項でも述べましたが、空気というのがこの世で最も安価かつ強力な断熱材なので、暖かくするためには、いかに空気の層を身の回りに作れるかにかかっているのです。

長めのカーテンをつけて冷気を遮断

「長め カーテン」の画像検索結果

長めのカーテンをつけることも非常に強力な手段と言えます。

前項でも述べましたが、部屋の熱は窓から逃げていきます。したがって、いかに窓から冷気が入り込まないようにするか、いかに部屋の熱が窓から逃げていかないようにするかで暖房効率が決まります。

そこで、窓に断熱シートを張るだけでなく長めのカーテンを張るのがおススメです。これによって窓とカーテンの間に空気の層ができ、外気の冷気を遮断しつつ部屋の熱が漏れ出すのも防ぐ効果があります。

冷気は下に溜まりやすい性質を持つので、必ず地面に付くくらいの長いカーテンの方が良いでしょう。

電気毛布

「電気毛布」の画像検索結果

電気毛布を買うと冬の生活が一変します。

「買ってよかった」と多くの人が口を揃えて言うのが電気毛布です。毛布の暖かさに電気の力を加えることによって非常に暖かいアイテムに仕上がっています。

一応電気を使いますが、一晩当たり数円程度なのでさほど気にするほどのものではありません。

寒い日に電気毛布に包まれば幸せを実感できること請け合いです。

暖かい飲み物を飲む

「ホットココア」の画像検索結果

なんだかんだ言っても、寒い日には暖かい飲み物でほっと一息つくのが一番です。

ここまで説明してきた方法はあくまで外部からの熱効果によって温まる方法でしたが、内面から温まるのが一番効果的と言えます。

特にホットココアは温まる云々以前に美味しいのでおススメです。

大人しくエアコンをつける

「暖房」の画像検索結果

当たり前すぎるかもしれませんが、寒い日は暖房をつけるのが一番です。

電気代がかかるから暖房以外の方法を模索している人もいるかもしれませんが、近年のエアコンは省エネ性能が向上しており、普通に使用してもさほど電気代がかかりません。

それに、エアコンは電気代の割には温める空間が大きいので、コストパフォーマンス的にはかなり良い方です。

したがって、無理に毛嫌いせず素直にエアコンをつけるというのが多くの人にとっての最適解と言えるでしょう。

シェアする

フォローする