労働はオワコン、早期退職を目指す「FIRE」が浸透中

少子高齢化の影響によって年金支給年齢がだんだん引き延ばされていることからも分かる通り、これからどんどん死ぬまで働かされる時代が到来しています。

そのため60歳になっても定年退職で悠々自適の第二の人生を歩むということは許されず、年金ももらえずずっと社会保険やもらえない年金のために働かされる時代が来ているのです。

つまり、「一生社畜時代」の到来です。

しかしいつまでも社会の言いなりになるほど今の若者は軟弱ではありません。現在若者の間ではそういった社畜人生から早々にオサラバしようとする「FIRE」が流行しつつあります。

今回は新しい生き方「FIRE」について調べました。

「FIRE」とは

FIREと聞くと炎を思い浮かべる人もいますが、今回紹介するFIREは燃え盛る方のFIREとは違います。

FIREの定義

今回紹介するFIREとはFinancial Independence Retiring Early「経済的自立を果たして、早期退職する」という意味です。

つまり、経済的基盤を築いてから社畜生活から早々に別れを告げるという生き方をFIREと呼ぶのです。

考えてみれば社畜生活は長時間の拘束や人間関係によるストレス、それに見合わない低賃金と全く人生の浪費にほかならず、さっさと別れを告げたいと思う若者が増えても不思議ではありません。

最近では20代、30代で早期退職に踏み切るケースも増えています。

FIREの提唱者

4646
ストレスいっぱいな社会と別れを告げる若者たち。

AIが広まって、「働かなくていい未来」が見え隠れしている今、20代、30代でリタイアするムーブメントがギークの間で注目を集めています。

名付けて「FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)」。火付け役はこの写真のPete Adeney(ピート・アデニー)さんです。

「夫婦で各6万7000ドル(約750万円)のソフトウェアエンジニアの仕事をしながら無駄遣いを一切やめて貯めこみ、20万ドルの家と60万ドル貯まった30歳のところでスパッと会社を辞めました。60万ドルあれば運用利回り4%を生活費に回すだけで、夫婦と子ども計3人の家計は十分回っていくと考えたからです。」

早期退職っていうと悠々自適な贅沢ライフのイメージがありますけど、ピートさんを見るとわかるように、FIREの人たちは別に贅沢したいわけじゃなくて、自分の時間、自分の人生を自分で決めたいという思いが強いのが特徴です。

永久就職が過去のものになって、海外アウトソースとAIで仕事が奪われて、明日をも知れない時代。「会社なんてなんのアテにもならない、自分の身は自分で守らなきゃ」という意識ですね。

昇進レース、昇給の心配、住宅ローン、過労、終わりのない大量消費…といった悪循環をお金の力で断ち切りたいと切望する人たちがミレニアル世代を中心に現れ、数の計算を始めたら、ちょっと工夫すればできると誰かが気づき、Redditなんかのネットで情報交換しながら実践する人が増えている、というわけです。
英語で「fired」っていうと普通はトランプの「You’re fired(おまえはクビだ)!」という決め台詞みたいに受動態でしか使われないのに。FIREムーブメントの「fired」はあくまでも能動態です。

ちなみに「金融用語がとても好き」という特徴もあって、たとえば賃料の安い地域に引っ越すことをFIREムーブメントの人たちは、「arbitrage(アービトラージ、サヤ取り)」と呼んだりもします。ゲームのモノポリーのような感覚で「持たざる者」から「持てる者」への転換を図っているんですね。

(出典:https://www.gizmodo.jp/2018/11/fire-movement.html)

このように、FIREを目指す人たちは別に働かずに贅沢暮らしをしたいわけではなく、

贅沢は要らない。自由が欲しいだけ

なのです。この思想が若者を中心に共感を呼び、世界各地で早期退職を目指す人が増えつつあります。

ネット民の間でも「FIRE」を目指す人が増大中

マジで今の社会では「働いたら負け」だからな

FIREを否定している人って性根まで洗脳されきった社畜やろ。早期退職に踏み切るだけの経済基盤も勇気もないどうしようもない社畜が嫉妬してるだけw

20代で早期退職達成したけどストレスフリーだよ。当たり前だけどムカつく上司もノルマもないからね。羨ましかったらさっさとお金を貯めて退職届叩きつけてこいよ

世の中には20代という若さにして数千万円単位の貯金を持っている人が居ます。 彼らは別にプロ野球選手や大企業の役員などの高収入を得られる...
みんながなりたいと思っているお金持ち。お金持ちは何故お金持ちになり、どうやってお金持ちであり続けているのかを調べていると、「複利効果」と...

俺はようやく1億超えたからリタイヤするわ。 
今43歳。 
29のときに1000万越えだからかなり遅いな。 
20代や30代でリタイヤできる人、素直に羨ましい。

友人の話。20代でとっくにリタイヤして毎日楽しく遊んで暮らしてる 
人生楽しそう。毎日温泉、旅行行ってる。 
サクッと一流財閥系やめてた。 
自分で経営とかはリスクが伴うからだるいって。低リスクで安定して回してる。

36 :名刺は切らしておりまして
とはいえ、ただ遊び暮らしてるだけじゃ、人生に張りがなかろ 
家庭菜園→道の駅に卸すとかでいいから、生産性のあることを少しでもやっといたほうがいいと思う

18/12/01 05:11 ID:BenbyU6N.net41 :名刺は切らしておりまして
>>36 
てっ資産が無い人は必ず言うらしいw 
自分の現状に言い訳するために 
何の為に一生の限られて時間を無駄に拘束されなければならないのだろう 
しかも好きでも奴と仕事するなんて何の罰ゲームだよw 
同じ事バイトが言ってた。 
リタイヤ後も起業できる資格もあれば、肩書きもいつでも作れる。 
でも1番の幸せは自分の自由な時間を好きに使える事。

自分も資産形成&アーリーリタイア組だから 
皆が「働いたら負け」を実践したくなるのも分かる。 

日本は治安が良いし、不便な離島を除き、 
アマゾンとネットがあればどこでも暮らせる。 

人生に必要なのは、 
1.カネ 
2.体力 
3.自由な時間 

定収入リーマン生活じゃその3つが揃う時期は永遠に無いし、あったとしてもほんの一瞬。 

まあ、若い頃から不動産&資産形成を頑張るのは絶対に間違ってないよ。

独身男で、住むところさえあれば、3000万ぐらいで十分にアーリーリタイアできる 
残すべき子孫もいないしな 
どんどん減らしていって、資産0で死亡が一番合理的

シェアする

フォローする