風邪の季節到来!体調を崩さないようにするために気を付けるべきこと6つ

寒さが厳しい季節となってきました。この時期は特に風邪をひく人が多くなるので注意していなければなりません。

風邪をひくとのどが腫れて痛かったり、体がだるくて仕事も勉強も手につかなかったり、試合や仕事で十分なパフォーマンスを発揮できなかったりと良いことがありません。

そこで今回は風邪をひかないようにするためにはどうすればよいのかを調べました。

風邪をひかない&早く治すために必要な事

風邪をひかないようにするためにはどうすればよいのでしょうか。その方法は人それぞれあるかもしれませんが、誰でも実践できて、特に効果の高い方法は以下の6つです。

こまめに水を飲む

一番簡単かつ効果の高い風邪対策は「こまめに水を飲むこと」です。

風邪の原因となるウイルスや細菌の大半は喉の粘膜に付着しているため、それを水で洗い流すのが目的です。

その他、のどが乾燥するとウイルスや細菌への抵抗力が著しく落ちるため、定期的に喉を潤すという目的もあります。

推奨は「30分に一回水を飲むこと」ですが、そこまで頻繁に水分補給できないという人はせめて1時間に一口は水を取ることにしましょう。

中にはこれを心がけただけで10年間風邪知らずだという人もいるくらい強力な風邪対策です。調べた限りでは、一番お金も時間もかからないので数ある風邪対策の中で最も有効な対策と言えます。

とにかく寝る!

現代人はとにかく寝てなさすぎです。風邪にかかる人の多くも睡眠不足のため免疫力や抵抗力が落ちている人が大半です。

まずはごちゃごちゃ言う前に一日8時間の睡眠を確保しましょう。
睡眠に勝る薬なし」です。

もちろん、中には忙しくてそこまで寝れないという人もいるかもしれませんが、休日にぐっすり寝るだけでもかなり違ってきます。

寝たいのに寝付けないという人もいますが、それは睡眠不足のあまり自立神経が乱れてしまっているのが原因です。それもやはり睡眠をとることが一番の解決策ですので、つべこべ言う暇があったら早く寝ましょう。

人間は人生の1/3を睡眠に費やすと言われています。そしてその睡眠の質は残りの2/3に多大な影響を及ぼします。 つまり、睡眠の質が人生の...
私達の体を支配しているのが自律神経です。自律神経は心臓の鼓動や胃腸の消化活動など、無意識で行っている生命維持活動をするための神経です。 ...

帰ってきたら手洗い&うがい

定番の風邪対策「手洗いうがい」も非常に有効です。

風邪の原因となるウイルスや細菌の多くは手と喉についていますので、それを洗い流すことによって大幅に風邪になる確率を減らすことができます。

ほんの三秒の手洗いやうがいでも全くしない場合よりははるかにマシで、ウイルスや細菌の多くを洗い流すことができます。

石鹸での手洗いやイソジンでのうがいまですれば完璧と言えるでしょう。

体を冷やさない

冷えは万病の元です。風邪をひきたくないのなら体を冷やしてはいけません。

体にとっては冷え自体が多大なストレスになるため、体が冷えるとそれだけで体調を崩す原因となるからです。

外出するときはもちろん、家の中にいるときもしっかりと着込んで特にお腹を冷やさないようにしましょう。内臓が冷えると免疫力が著しく落ちるからです。

ネギを食べる

風邪対策の定番の食べ物と言えばネギです。

ネギといえば昔から風邪に良いと有名で、親しみ深い野菜でもあります。冬になるとしゃぶしゃぶなどの鍋物が多くなりますが、鍋にネギが入っているのは非常に合理的と言えます。

ネギの主成分は「アリシン(硫化アリル)」という、ネギを食べた時特有の、あのちょっと気になる香りです。

「アリシン」にはO-157やピロリ菌などにも有効と言われる程の強力な殺菌・抗菌作用があり、これが風邪のウイルスや細菌などをやっつけてくれます。

しかし、実はこの「アリシン」、一番の効力は「ビタミンB1の吸収と効力を上げること」にあるのです。

ビタミンB1は、主に糖質の代謝や神経の正常化に関わり、これが不足すると代謝がスムーズに行われず、代謝できなかった糖質が疲労物質「乳酸」として蓄積され、疲れはどんどん溜まる一方となります。

これがいわゆる風邪で元気が出ない状態です。ビタミンB1は豚肉や魚介類に多く含まれるため、それらを一度にとれる鍋物は風邪対策のためには非常に有効です。

また、アリシン以外にも、ネギにはカロテンやビタミンCなどが含まれており、免疫力を高める作用があります。

ネギは比較的安価に手に入る野菜ですので、風邪をひきやすい人は是非食べるようにしましょう。

早めに薬を飲んでおく

風邪にかかりやすい人は常備薬のお世話になるのが良いでしょう。

最初から薬に頼るのはどうかと思う人も多いでしょうが、風邪にかかってから治すよりも風邪になりかけの状態で対処する方がよっぽど楽で、体への負担もかかりません。

市販薬の中にも中々効きが良いものがありますので、風邪にかかりやすい人は常備薬として持っておくとよいでしょう。

風邪を引いた際にお世話になるのは風邪薬ですが、風邪薬の種類が多すぎてどれがよく効くのか分からないというのはよくあることです。 そこでど...

ネット民の風邪対策

ビタミンC取っておけば風邪にはかからんぞマジで。

ソースは10年間風邪知らずの俺

体調崩す奴の99%は睡眠不足。ていうか日本人自体寝なさ過ぎて免疫がガタ落ちしてるんだけど。風邪ひいたらならさっさと寝ろよ

冷えは万病の元なんだから温かくしとけ。

個人的におススメは養命酒だね。これを飲んでから風邪を引いた試しがない

「”風邪は寝て治す“」という言葉があるくらいです。まず第一に睡眠と安静をこころがけるようにします。

のどの粘膜が乾くと風邪の原因となるウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。湿度は60~80%くらいに設定します。ウイルスは空気が乾燥した状態で活動が活発になり、逆に湿度が高いと死滅します。

風邪ひく奴は十中八九「こまめに水を飲んでない

水分がなくなると風邪をひきやすくなるって何度も言ってるだろうが!

シェアする

フォローする