今まで生きてきた中で感じた人生の真理集

人は生きていると大なり小なり学ぶことがあります。

何でも経験して学べればいいのですが、ものによってはあまりにも高い勉強代がつくこともあるので、できれば他人の経験談や歴史から学びたいものです。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」もあるくらいです。

そこで今回は多くの人から「人生で気づいたこと」を調べてまとめました。

シンプルな真実

睡眠時間を削ってまでやらなければならない仕事などない。
夜中にやらなければならないことなどない。
夜になったらすぐ寝ること。これが大切。

健康が一番

ぶっちゃけ金があれば大体解決出来る 
世の中金なのよ

人は見かけによる。人は見た目で判断できる。

三つ子の魂百までとはよく言ったもので 
人はなかなか本質的には変われない
だからこそDQNは更生しない。

能力というのは金になる 

金があるから金持ちなんじゃない。能力があるから金持ち

人は表面的なことを知っただけで内面的なことまで分かった気になる

いい奴してると損する

お客様は人間じゃなくて獣

アホと闘うのは時間とエネルギーの無駄

精神的に向上心のないものはばかだ

自分に敬意を払えない人間は、どんな状態であっても幸せになれない

人生に一発逆転は無い。
負け組は一発逆転を狙うから負け組。

人は信じたいことしか信じない

人間はいくら高みに達しようと、自分の考えを裏切ることは決してできない

結果を出すために努力するのではなく、結果を出すためにどの努力を選択するのかが重要。そして馬鹿にはこれができない

友達は大切 
自分のされて嫌なことはなるべく人にしない

他人は役に立たない

本当に信じられるのは自分だけだし、結局人間は自分のことしか考えられない

建前は重要

若いうちから体の異常は即医者に見てもらえ 
人生は体の健康が幸せの大前提

楽しんだ者勝ち 
なんでもクソ真面目にやるのは損

深遠な人生訓

「デブ 名言」の画像検索結果

カロリーは美味さの単位

怠け癖は治らない絶対に

世の中のほとんどは8対2の法則(注:パレードの法則)で成り立っている

この世界で起きる物事にはある種の傾向やパターンというものがあります。先人たちはそういったものを一般化して「法則」として体系化しました。 ...

頭が賢い人はだいたい早寝早起きだ

人間はコントロールしたがる 

コントロールできないものが多いが、とにかくコントロールしたがる

結構いろいろどうにかなる

一生懸命や必死を馬鹿にしてる奴は大成しない

暇と感じたら危険信号 

暇と感じた時点でやばい

顔よりも中身って言うけど顔がよくないと中身を見てもらえない 

そしてその中身もだめ

楽するとその3倍苦労する(エメットの法則)

勝ちに不思議の勝ちあり 
負けに不思議の負けなし

時給が高いところよりも低いところのほうが仕事に対してやりがいを求め従業員が働くようになる

無闇に他人に厳しい奴は自分の甘えを隠してる

違和感を放置せずに丁寧に取り組む。勉強も仕事も人間関係も。

寄付をすると人生の質があがる。理由はわからん。

楽しいことは良いこと。成長している。
嫌なこと、苦痛なことは悪いこと、寿命を削ってる。
嫌なことを強制させるやつは親だろうと教員だろうと悪。純粋悪。百害あって一利なし。

味わい深い人生訓

楽なのは楽しくない

人間というのは、見下し合いであり、罵り合いだ 
これさえ前提にしておけば、友達はいなくなるが何かにつけ失望しなくて済む

口では偉そうなことを言うが実は誰も彼も甘えまくってる

要するに、面白いかつまらないか 

それだけでいい

すべて偶然の固まり 
運命なんてものも必然なんてものもない

真面目で堅実って別にいいことがあるわけじゃない 
ふざけ気味だったりその時を楽しんでる人が勝ち組だし人も寄ってくる

顔面偏差値よりも才能よりも学力よりも必要なもの 

度胸

世の中無駄なことはたくさんあるけど、無意味なことは何ひとつない 

良くも悪くも意味はある

1に健康 
2にお金 
3に顔 
4にコミュニケーション 
5に決断力 
だということ

瞑想はやったほうがいい

どん底に落ちてからが本当の人生の始まり

自分がこれをやりたいと思う心
+そのために何をすればいいのか判断する思考
+それを実行する能力

=才能

自分を追い込んでいるのは自分の思い込みに過ぎない

賢い人で偉そうぶってる人はいない 
偉そうぶってる人は賢くない人 
賢い人はだいたい謙虚である

人は心の持ちようで天使にも悪魔にもなれる 
その心は普段の行動に伴ってくるものだ 
今日は昨日より良い日にしていこう

シェアする

フォローする