風邪をひかないための秘訣4つ

寒さの厳しい季節が続きます。風邪によって体調を崩す人も多く見受けられるようになりました。

今回は風邪をひかないための方法をまとめました。

風邪をひかないための方法

風邪になってから治す努力をするよりも、風邪をひかないように予防する方がずっと簡単です。そのための方法は以下の通りです。

水をこまめに取る

一番風邪対策に効果があるのは「こまめに水を飲む」ことです。

人間は呼気や汗などによって常に水分を消費しています。人間が一日に必要とする水分量は個人差もありますが、大体2Lと言われています。

食事にも水分は含まれていますので、毎日2Lの水を飲み干さなければならないというわけではありませんが、体感としてはそれくらいの水を飲まなければならないという事だけ頭に入れておくと良いでしょう。

なお、一度に2L飲んでも意味はありません。人間が一度に吸収できる水分量は限りがありますので、一度に大量の水分を飲んでもお腹がタプタプになるだけで、吸収されずに体外に排出されます。

飲み方としては30分ごとに一口からコップ一杯分飲むのが推奨です。風邪の原因となる病原菌の多くは喉に溜まっていますので、それを洗い流しつつ水分を補給する狙いがあります。

水分補給のつもりでコーヒーやジュースを飲む人もいますが、コーヒーは利尿作用があるため水分補給という目的からするとむしろ逆効果ですし、ジュースは糖分が多すぎます。

水分補給のためには水かお茶が一番です。

一日8時間寝る

風邪予防のみならず、体調を万全に戻すためには十分な睡眠が欠かせません。

社会人が体調を崩す原因の8割は睡眠不足が原因と言われています。なので、できる限りでいいので睡眠時間を増やすように心がけましょう。

もちろん忙しくて寝る間もない人もいますが、夜にテレビを見てダラダラする時間があるくらいなら早めに寝床に入って横になると楽になれます。

睡眠時間ですが、一般的に20代や30代などの比較的若い人は一日8時間の睡眠が必要です。睡眠時間が5、6時間というのは50代や60代の人の場合です。若い人は長時間の睡眠が必要なのです。

睡眠時間を削って何かを頑張ったとしてもパフォーマンスが落ちますし、疲れや睡眠不足が蓄積されればいつの日か必ず体調を崩して病気になってしまいます。

もし病気になって入院する事態になれば睡眠時間を削って頑張った分は容易に帳消しになりますので、頑張らずにすぐ寝るというのもまた重要です。

野菜をたくさん食べる

社会人になると野菜の摂取量が減りますが、これは風邪の原因になります。

野菜にはビタミン類が豊富です。ビタミンは体調を整える作用がありますので、多めにとっておくことが体調維持のコツです。

大人が一日に摂取しなければならない野菜の量は350gと言われています。350gと言うと「たったそれくらいか」と思うかもしれませんが、実際にはかなりの量があります。

このように、やっと両手に収まるくらいの量ですので、気合を入れて毎回食べないといけない量です。

なお、一日350gというのはあくまで目安であって、これだけ食べなければいけないというわけではありませんが、参考として覚えておきましょう。

早めに風邪薬を飲む

風邪をひかないためには早めに風邪薬を飲むのをお勧めします。

風邪薬は風邪をひいてから飲むよりも、風邪気味のとき、風邪のひき始めに飲む方が効果的です。

市販薬は病院で処方される薬よりも効き目が薄いので、風邪になってから飲んでもさほど効果がないのです。

市販薬はたくさんありますが、その中でも薬剤師が推奨する薬がいくつかあるので、風邪をひきやすい人は常備薬として保管しておきましょう。

風邪を引いた際にお世話になるのは風邪薬ですが、風邪薬の種類が多すぎてどれがよく効くのか分からないというのはよくあることです。 そこでど...

風邪をひかないために

中学の時の先生が教えてくれたが、
「冷え、空腹、睡眠不足」が揃うと人間は必ず体調を崩すから、体調を崩しやすい人はちゃんと栄養ある物食べてから暖かくして寝ろとのこと。

あの日以来、この教えに従っている私は一度も風邪をひいたことがありません。

みんな水を飲まなさすぎ。

かかりつけの病院にいる女医に教わったけど、風邪の原因となるウイルスや病原菌の多くは喉の粘膜に溜まっているから、それを水でこまめに洗い流せば風邪にはならないらしい。

確かにこまめに水飲んでいる人が風邪になっているのをあまり見かけない

風邪ひく人の食生活見てみると明らかに野菜の量が足りてない。カップ麺や肉料理ばっかり。もっと野菜食べよう。おすすめはネギ。

風邪に限らないけど、体調崩す人は全然睡眠時間足りてない。平均睡眠時間が5、6時間というのは風邪をひくどころかうつ病などの精神疾患を招きかねない水準だから絶対やめた方が良い。

シェアする

フォローする