辛すぎィィィィ!!辛いものランキング

皆さんは辛い物好きですか?

実は辛さというのは数値化できるものだそうです。ではこの世で最も辛い物はいったいなんなのでしょうか。

辛さの単位「スコヴィル値」

実は辛さには「スコヴィル値」という単位があります。

トウガラシ属の植物にはカプサイシンという成分が含まれています。このカプサイシンというのが辛さを感じさせる成分なので、この成分の割合が高ければ高いほど辛いのです。

ちなみにスコヴィルというのはスコヴィル値の提案者である科学者、ウィルバー・スコヴィルの名前からとったものです。

辛さランキング

ピーマン・・・0スコヴィル

ピーマンは0スコヴィルです。ピーマンはトウガラシ属の食べ物ですが、カプサイシンを含まないのです。

当然と言えば当然ですが、ピーマンにはカプサイシンがないので全く辛くなく、辛さランキングでは最下位です。

パプリカ・・・500~2500スコヴィル

パプリカはある程度のカプサイシンを含んでいるものの、さほど辛くありません。スコヴィル値で言うと500~2500程度です。

数値だけ聞くと辛く聞こえるかもしれませんが、スコヴィル値2500以下はさほど辛くありません。この世にはもっと辛い物があるのですから。

ちなみに市販の激辛やきそばや激辛スナック菓子も、せいぜいこの程度のレベルです。

タバスコ・ハバネロソース・・・7000~8000スコヴィル

辛い物といえばやはりタバスコ・ハバネロソースでしょう。気になるスコヴィル値は7000~8000スコヴィル。

このレベルになると多くの人は辛くて敬遠するレベルです。しかし一部の辛い物好きにとっては程良いレベルかもしれません。

鷹の爪・・・4万~5万スコヴィル

日本における代表的なトウガラシの品種である「鷹の爪」です。小さくて先が尖っている様子が鷹の鉤爪に似ているために「鷹の爪」という名前がついているトウガラシです。

この鷹の爪を砕いて粉末状にしたのがいわゆる一味唐辛子です。非常に辛いトウガラシですが、根強い需要があるトウガラシです。

ハバネロ・・・10万~35万スコヴィル

食材界の暴君、ハバネロのスコヴィル値は驚異の10万越えです。辛い物好きでも流石にこのレベルになると食べるのは非常に困難です。

ブート・ジョロキア・・・100万スコヴィル

ハバネロの10倍もの辛さを誇るのがブート・ジョロキアというトウガラシです。そのあまりの辛さからゴースト・ペッパーの異名を持ちます。

とある激辛大好きな人が食べてみたところ、あまりの辛さに救急車を呼ぶ事態になってしまったいう、いわく付きのトウガラシです。

まずパクリと口に入れた瞬間だが、一瞬 「あれ、ピーマンのような……」 という錯覚に陥る。しかし、0.3秒後には、それは幻だと気づく。いや、辛いなんてもんじゃない。“痛い”のだ。口の中が猛烈に痛い。

とんでもないモノを食べてしまったと思いつつ、さらに残り半分を勢いで口に入れる。噛み砕く。さらに辛さと痛さは倍増だ。何が辛いって、種が辛いのだ。種、ひとつぶひとつぶが猛烈に辛いのだ。もちろん「皮」も十分に辛い。

止まらない汗。あつい。あつい。なかでもヤバくなっていくのは「喉」だ。喉ちんこのあたりの、喉の入り口が燃えているように痛い。まるで溶岩が流れたあとのような、とにかく激痛なのである。喉があまりにも痛くて、もう何も考えられない。

塩を口の中で溶かしてからうがいすると良いと聞いたのでやってみると、いくぶんマシにはなる。だが、痛い。喉の入り口を、「ぐわわ!」とこじ開けられたような、猛烈な痛さである。

引用:■ブート・ジョロキアを食べてみた

その他、「ブート・ジョロキアのペースト入りハンバーガーを食べたら激しいムカつきに襲われ嘔吐し、病院で検査してみると食道には2.5cmほどの穴が開いていた」などという恐ろしいエピソードも持っているトウガラシです。

キャロライナ・リーパー・・・156万~220万スコヴィル

2013年時点では辛いものギネスランキング一位に認定されていたトウガラシがキャロライナ・リーパーです。

リーパーというのは「大鎌を持った死神」という意味ですが、その辛さは死神なんてもんじゃありません。

キャロライナ・リーパーはブートジョロキアをも上回るスコヴィル値を持ち、どんな辛い物好きでも地獄行き間違いなしです。

ドラゴンズ・ブレス・・・240万スコヴィル

現在辛さランキング2位に認定されているのがドラゴンズ・ブレスというトウガラシです。

イギリスで開発された品種であり、あまりにも辛すぎてもはや食べ物ではありません。

ドラゴンズ・ブレス(竜の息吹)の名に恥じない強烈さであり、現在ギネス世界記録二位に認定されています。

ペッパーX・・・318万スコヴィル

現在、世界一辛いトウガラシとして認定されているのがペッパーXという品種です。

そのスコヴィル値は驚異の300万越えであり、開発者のエド・カリー曰く「このトウガラシを試食した人は一人残らず嘔吐した」とのこと。

そのあまりの辛さでギネス世界記録一位に認定されました。もちろん生で食べるのは危険で、ソースなどの加工品に利用されています。

カプサイシンの量が多すぎるので、皮膚に触れただけで焼ける様な痛みを生じさせます。もし生で食べてしまったら即病院行き確定です。

シェアする

フォローする